megamouthの葬列

長い旅路の終わり

弊社から社員が退職しました

5月末付で、弊社のエンジニアが退職することになりました。
彼は私がこの会社の社長を勤めて、初めての新卒採用の社員の一人だっただけに、思い入れも強く、彼の人生が輝かしいものになることを祈念せずにはおれません。

弊社は大手企業様との直接取引の案件が多く、業務系システムからWeb系システムまで、幅広く開発業務を行っております。
弊社は、彼のようなスペシャリストの他、営業、マネージャー、PM、PLなど多彩な人材を抱えており、それぞれの文化が異なっているのを面白く見ておりました。
特に、エンジニアの世界では退職した時にブログ・エントリを書く文化があるそうです。
私はエンジニアではなく経営者ですが、退職エントリを書いてみようと思います。

f:id:megamouth:20180521031239p:plain

何をやってもらっていたか

Web系システムの開発をお任せしていました。
将来的にはフルスタックエンジニアを目指してもらう為、新卒入社時より、Web系システムの制作チームに参加してもらい除々に担当フェーズを増やしていく、という教育プランを策定しました。
先輩エンジニアから見ると頼りない存在だったようですが(笑)長年OJTにより経験を詰み、3年目となった今年は、いよいよ彼中心の制作体制で幾つか案件を任せてみようかな、と思っていた矢先の退職となりました。

会社の方向性

今年より、会社の方針を変更して、営業スタッフの増強、さらに大きな案件を受注すべく、数社、新規の代理店様との取引も開始いたしました。
また、アジャイル開発手法を取り入れることで、それまでウォーターフォール開発で行っていた古い進行管理を止め、クライアント様と開発とのエンドツーエンドの関係を結ぶことで、よりお客様の要望にお応えできる体制を整えました。

おかげさまで、年度末で前年比50%増の売上を達成し、戦略の転換の正しさを実感しました。

成長の機会が沢山あった

そんな中、彼から相談したいという申し出がありました。
話を聞いてみると「納期と比較して、お客様の要望が多すぎて間に合わない」「人が足りず、手がまわらない」など、現場の負担がかなり大きくなっているとのことでした。
タイミングの悪いことに、その少し前に彼の先輩エンジニア二人が体調の問題で休職しており、現場の人間が減った結果として、彼の仕事量が増えていた面もあるようです。

疲弊した顔で言う彼でしたが、私は、内心これは彼にとってのチャンスである、と考えました。

確かに先輩エンジニアがいなくなった状況は、やるべき仕事も増え、しんどい時期です。
しかしこれは同時に、今まで先輩エンジニアに任せきっていた設計フェーズや、お客様との折衝などを若いうちから経験できる「機会」でもあるのです。
3年目の彼にとっても同年代と比較して、早く上流工程に関われますので、将来これは大きなアドバンテージになります。

私はそのように伝えました。それでも彼は納得いかない様子で「疲れがとれない」などの体調面の不安を訴えましたので、次のような話をしました。

私が若かった時代は、どこも彼以上の激務が当たり前でした。私も毎日終電近くの時間に帰ったものです。
やる気のない人は、長時間勤務に耐えかねてずっと不平を言い続け、最後には辞めてしまいますが、同じ仕事量でもやる気がある人間はそうは捉えません。

本来、人間は「楽をしようとする」生き物です。1日で終わる仕事量が100であれば、80ぐらいの仕事をこなして、残った時間を休憩や勉強に使うのです。
しかし、私に言わせればこのやり方は非常に効率の悪いやり方です。
自分のキャパシティを超える仕事をあえてやってみることで、それが程よいプレッシャーとなって、自然と仕事の整理を行い順序を調整したり、効率的な業務を行う方法を見つけたりして、限界だと思っていた自分キャパシティを大きく上げることができるのです。
先程の例で言えば、1日に150、200の仕事量がこなせるようになる――つまりは生産性を高められるのです。
(もちろん私は今でもこれを実践して、彼以上に働いています。)

私は、これを機会に彼がさらに成長してほしいと思いましたので、「時間がない」という彼に向かって、以上の説明を行い、「時間は与えられるものではなく、作るものなんだよ」と言いました。

メッセージが上手く伝わったかはわかりません。
そのしばらく後、彼が退職を表明してきたということは、やはり、このあたりの自分の経験が上手く伝わらなかったのか、または現場で実践しようとしてみたが、上手くいかなかったのかもしれません。

残念ですが、仕事ができる、できない、というのは要領の良さであったり、頭の回転の速さもかかわってきますので、このように個人差があることは致し方ない面もあるのでしょう。
あまり悪く書きたくはないのですが、前日に残業した時などに、彼は遅刻することが多く、私も慣れるまでは仕方ないと、それを大目に見てきたのも、結果的には悪かったのかも知れません。

また、彼に辞めた後どうするのか、といくら聞いても教えてくれなかったことが引っかかります。
ないとは思いますが、世間知らずゆえ、競合他社への転職などといったタブーを犯してしまうのではないか、と心配しています。

労働者に退職の自由があることは事実ですが、こちらにも経営者の横のつながりがあり、またそれらを含む社会のルールというものも存在します。
自由だから何をやってもいいのだと、「筋」をちゃんと通さないで、そういう考えで行動すると、この業界、人の噂というのはあっと言う間に広がってしまいますので、正直なところ、大丈夫かな?とも思ってしまうのです。

それでも彼に感謝する理由

3年間、彼という若い社員と同じ目標に向かって走り続けられたこと。
短い間でしたが、経営者という立場でも、これ以上の喜びはありません。
また、飲み会で、彼や他のエンジニア達と会社の方向性や、将来の事業について語り合う濃密な時間を過ごすことができました。
休職中の二人の他に弊社にはエンジニアがおりませんので、当分の間、開発を自社で行うことができなくなりますが、
彼らと向き合い、エンジニアリングという事業の土台をしっかりと築き上げられたことは会社の大きな財産になっています。

将来

彼の退職後もエンジニアの採用人数を拡大し、さらなる飛躍を目指すつもりです。

AI、仮想通貨、フィンテック、日本の、世界の、ITシステムは大きな転機を迎えています。
この大きな波に乗り、顧客の希望に最も柔軟に対応できる唯一無二の制作会社として弊社はこれからも歩み続けるつもりです。

課題

これは余談ですが、日本のエンジニアの実力はかなり低いと感じています。
弊社では、他社と同等以上の給与を出しておりますし、仕事のスケールも大手企業様と比べて遜色ないと考えておりますが、
人材採用の場で、AIやビッグデータ解析のできる人材や経験者を見ることはほとんどありません。

また、現在はエンジニアがおりませんので、案件を外注に切り替えておりますが、
進捗管理が上手くできず、トラブルになったり、納品されても品質が不足していてクライアントからクレームがつくケースが多々あります。

これでは、欧米と比較して日本のITが大きく遅れをとるのもやむを得ない気がします。

だからこそ、弊社は共に成長できるメンバーとしてエンジニアを募集しています。
成長のスピードが早いのでPMまで3年で上り詰めた人もいますし、一人ひとりのエンジニアの裁量の大きさも特徴です。キャリア・アップには最適な環境です。

ご興味のある方は、弊社HPの応募フォームよりぜひご応募ください。


終わりの季節

職場を戦場に例えるのは良い趣味とは言えないが、この会社では的外れではないように思う。

ここではいつも、納期だけが決められた曖昧な仕事がやって来たかと思うと、最後の1ヶ月で決められた仕様や、営業の怒号が、哀願が、テスト不合格の結果や、クライアントから直接送られて来た緊急のメールが、就寝中に鳴り響く着信音が、かつてはエンニジアと呼ばれていた人々の精神を、迫撃砲のように吹き飛ばしてしまうからだ。


誰かが死んだ時は大抵、指揮官であるマネージャーが、朝礼で皆を激励することになっている。
例えば売り上げが去年のそれを上回りそうだ、などと、あたかも会社が順調に進んでいて、ボーナスが奮発されるかのような期待を社員に抱かせようと試みる。

もちろん聞いている方は、白けきっている。
その意図があまりにも見え透いているので、マネージャーが自分たちを見くびっているというよりも、彼にほんの少し残った良心が、ほとんどあり得ない可能性にすがりついているのかも知れない、と思うほどだ。

そして最後に、誰それが退職した、という事実が、ほんの付け足しのように正式に告げられる。

ほとんどのメンバーにとっては、おおよそ察しがついていたことであり、既に知っていることであり、今さら、という話題である。

それでも幾人かは、退職者が座っていた席を横目で見る。
そこには、決して点灯することのないディスプレイや、手垢のついたキーボードや、雑然と並べられた私物のボトルキャップ人形が残っていて、朝礼が終わった後も、誰かが発した妙に高揚した声が、寒々しく反響している。


運良く生き残った者がタフを気どるのも映画で見る戦場と同じだ。
彼らは新入りに、自分が体験した激戦を得意げに語る。
酒が入った時などは、冗談めかした態度で、かつての同僚を偲んでみたりもする。

自嘲気味に「次は俺の番かな」などと嘯いていられるのは、彼にもエンジニアが「終わる」ということが本当のところわかっていないからだ。
彼らはそれを転職の失敗とか、ちょっとした挫折とか、過労が積み重なってとか、そういう言葉で片付けられると思いたがっている。

その思い込みを補強する材料は沢山ある。例えばブログの退職エントリとか、感謝を綴った退職メールとか、勤勉を強制されなくなった彼らの前に広がる途方も無い自由とか、 それに――本当に人が死んだわけじゃないし。

皮肉なことに彼らがこの会社を退職しないのも、結局のところ、「辞める」ということを本当のところで理解できていないからでもある。


昔はまだ、生真面目に送別会が行われていた。退職者を皆が囲んで笑い、思い出話をする。
転職サイトの「未来のための転職」「キャリア・アップ」といった宣伝を、皆で信じこんでいるふりをする。
それが作り笑いによる幻想にすぎないことは、交換しあった電話番号に、彼らが一度も電話もLINEもしないことでわかる。
いつしか、アドレス帳は巨大な戦役の慰霊碑のように、連絡もつかず、顔も思い出せない人々の名で埋め尽くされていく。

今はもう、純粋に人が来ない。
空いた席が埋まることも滅多にない。
好景気と、大手企業が有望なエンジニアを採用し続けた結果、こんな会社にやって来る物好きも、いなくなってしまったのだ。

ようやく見つけ出した、どこかのSES業者の下請けの下請けからやってきた青年は、仏頂面で、まるでコミュニケーションが取れない。
彼もまた、ひどいコードと、直接的な暴言を残して会社から去っていく。

実感のない好景気が、人手不足の時代が、こういった中小企業の現場に与えるものは、有り余る仕事や、利益ではなく、際限のない人材の消耗と劣化である。
とどのつまり、沈没しようとしている豪華客船の水につかった艦首から、人が次々と海に投げ出されているのとそう変わりはない。

他の会社では、東京の一等地では、まだ文化祭の前夜のような高揚の中で、華麗な演奏会が続けられているかもしれない。
ただ彼らもまた、傾いた甲板の上にいる。


4月のオフィスは閑散としている。

儀式めいた正確さで朝9時に始まった朝礼で、今日もまた年度末に辞表を出した者の名前が読み上げられる。

経営者は屍と引き換えに得た売り上げを躊躇なく採用経費にあてて、残った社員に生存者ボーナスとして、雀の涙ほどの分け前を配る。

公開処刑を見物する中世の大衆が、おそらくは罪人の死を自分事と思わなかったことと同様に、世界に繋がった端末を前に、誰も何も見ていない。
ごく身近で繰り返される虚無を見ようとしない。

それは薄汚れた覆面を被った死刑執行人が自分の名前を読み上げるまで続く。


lust ラスト (UHQ-CD仕様)

lust ラスト (UHQ-CD仕様)

4つのしまりのない鎮魂曲 4/4

4

金がないのである。

どうしてこんなに金がないのか。
花輪和一の「刑務所の中 (講談社漫画文庫)」(私はこの漫画の台詞を全て諳んじることができる)から引用すれば、「貧乏の天才だな」と言ったところである。

フリーランスWebエンジニアである私は、多少案件規模によってディスカウントはするが、人日あたり、3万~4万とることにしている。つまりは、私を1日中(8時間)働かせると3万円以上の金額が発生する。

これはフリーランスのエンジニアとしては、少なくとも大阪では、高いほうだ。
なので、クラウドワーキング的なサイトの相場を見て、しかもそれが受注に至っているのを見かけると、怖気がつく。
私の単価で、同じ仕事をこなすとすれば、3時間かそこらで実装を完了させ(しかも一切のバグを出してはならない)、メールのやりとりは2~3通以内、といった具合でやらなければならない。

実装については、やってやれないこともないかもしれないが、コミュニケーションはそうは行かない。何故こういう仕様になっているのか、あるいは、後出しで要求された仕様を想定工数内で実現することが何故不可能なのか説明することに、実装より時間がかかることがある(なので、赤字になることは承知で、実装工数を割いて無茶な要望を実現してしまうことがある。説得するより、そっちのほうが損が少ないからである)

で、金がないのである。

単価がそれで、金がない、ということは仕事がない、ということだ。

要因は色々とあるが、ようするに私はスマートではないからだと思う。

PCですでにデザインがかっちり出来上がってしまって、CSSが固定幅のピクセル指定されてしまっているHPのレスポンシブ化とかいう、ムゴい案件があっても私は、CSSパーサーと適当なSCSSミックスインを組み合わせて比率計算をやり直して、なんとかしてしまう。

ある日から、そういう仕事をくれていたクライアントからパッタリ話が来なくなった。 それとなく、会社訪問して、世間話の隙にどうなってるか聞いてみると、単価の安い制作会社に頼むことにしたのだという。

そこは、いつも私に渡しているムゴいHTMLを見て、まず「無理だ」と回答し、その後、全てをbootstrap化することを要求したらしい。そしてその会社の社長は全コーダーに「bootstrapで書けえ」と命じたわけである。

ふむ。ならば、あとはbootstrapのクラス名を調整すれば済む作業になる。つまりはbootstrapが書けるエンジニアなら誰でも出来る仕事になったということだ。

顧客に何も要求せず、言われた事を忠実に実現するのが自分の仕事だ、と思ってきたが、それはスマートでなかったということだ。
そもそもお前んとこ、そういうHTML書けるんかよ、早く言えよという思いもあるが、クライアントからすれば、私は単価を安くできたのに、その方法を示さなかった悪徳エンジニアだったということになる。

この卑屈な結論の是非はともかくとして、こうして私の仕事が一つ無くなった事に変わりはない。

後、私が生き残る術があるとすれば、重厚で複雑なビジネスロジックが満載されたアプリケーションの構築、といったことになる。こちらは、RFPの握りあいの政治闘争から、仕様決め、インフラ設計まで、私の経験と強みが充分に発揮できるし、他にそれほどフリーランスの競合もいないところだからだ。
だが。こちらはこちらで問題があって、製作期間が折衝やらを含めて短くても半年ぐらいになってしまい、簡単に言えば、その半年間、一切の収入がなくなって、こちらのキャッシュ・フロー(酒代)が枯渇するのである。

着手金を貰うという手もあるが、あまり上手くいった試しがない(なぜならクライアントにもそれほど潤沢なキャッシュ・フローがないからである)

なので、そういった仕事は社内の稟議が頓挫して、結局とれなかったり、そもそも話として回ってこない。というわけで仕事がないのは変わらずである。

あとはもう、自分の人月売りしかない。
人売り企業の軒先に、頭にリボンでもつけて、「アチキを人月60万で売ってくださいまし」と飢饉の時の貧農の娘が如く、売り込むしかあるまい。

今の所それだけはやらなくて済んでいるが、時間の問題だろう。

20年に渡る鍛錬と経験の末、私生活をなげうって、家庭を持つことも諦めて、技術を磨き続けた人間に待っているのはこういう末路である。



ここまで読んできて、「可哀そう」と思う心根の優しい読者は僅かであろう。この文章にブコメがあるとすれば、「営業下手すぎ」とか「単価下げれば済む話」とか「東京に行けば?」とか「そもそもマネジメントも営業もできない奴はフリーやめろや」になるに違いない。

まあ、それで本当に発注してくれたり、就職させてもらえるんなら、喜んでブコメ主に従うが、どうせそんなつもりもないだろうから、私は最近飲み始めたストロングゼロ(この酒は安い日本酒より遥かに危険な酒であり、なんからの法的規制がかけられるべきだという確信を日に日に強めているのだが)を飲んでバーカバーカと罵るつもりである。

ただ、私の境遇に一つの教訓を見出すとすれば、若者に混じって、LaravelやらAngularやらReactやらを学んだ所で、ある一定の年齢になった時点で、それだけでは無意味だということだ、ということである。

フリーランスを使う側になってみて欲しい。未熟だが人日2万代でも充分な若者なら、成果物の品質や、リスクはともかくとして、そもそも安いし、多少の無茶を言っても口答えしてこないだろう。 そんなところに私が、人日3万の値札を付けて表れたらどうなるか。確かにトラブル回避能力はあるかもしれない。仕事の進め方も知ってるので、担当者がアホでも、なんとなく物ができてしまうという効用はある。

だが、それらは全てクライアントの努力で回避できることだ。
つまり、仕事をしたがっているのは私だけではない。クライアントも仕事がしたいのである。

時流に乗り遅れてるのであれば、社内のエンジニアが追いつくことが最優先課題であって、私に金を払って誤魔化すのは非常手段にすぎない。
業務フローがよくわからない新人がいるのであれば、教育すべきであって、私に金を払って、ビシバシしごいて貰ったら、培った発注ノウハウは単価の安い外注で活用した方が良い。
安い会社にリスクがあるのであれば、万が一の時のために、私か、クラウドワーキングサイトにいる貪欲なエンジニアを使えば良い。

全て当たり前のことなのに、エンジニアの技術バカはそういうことに気がついていない。

なので、私のように金がなくなるのである。



吾妻ひでおの「失踪日記2 アル中病棟」(私はこの漫画の台詞をほとんど諳んじることができる)によれば、「貧乏すると卑屈になるね」とある。
貧乏とは一つの病である。

病を抱えると人間は卑屈になる、ささいな事で怒り出す。飲食店の店員など、自分より立場の下のものを見つけると、途端に居丈高になる。 こうした醜さの全ては病の為せる技である。

例え、心根が優しく、人格的に出来ていて、論理的で、理不尽を嫌う、真っ当な人間、例えば、私でも、病にかかれば、多少はおかしくなるものだ。
貧乏だけでは揺るがなくても、そこにうつ病とか、メタボリック症候群だとか、糖尿病だとか、アルコール依存症とか、そういう病を笑点の座布団のように積み上げていけば、いつしか人格は荒廃し、すっかり嫉妬深くなり、街中で美人を見かけただけで、彼女が一生、自分とは無縁な人生を送るのだという、何の変哲もない事実そのものに苛立ち始め、高級外車が路上に駐車しているのを見れば、ハンマーで窓を叩き割りたくなる衝動にかられるのである。

かように病はおそろしい。「貧乏」もまた理不尽に、多少の油断につけ込んでくるという意味で、医学的病と変わることはない。

あまり関係の話をするが、「うつ病の人間に3億あげたら全員治るって結局甘えじゃん」みたいな言説が定期に繰り返されるが、それは3億円がうつ病と貧乏の合併症の半分を治し、かつ、働かなくていいという環境がうつ病の根源的原因を取り除いた結果、治るのであって、素人でも機序のわかる話を自分でしておいて何故結論が「うつが結局甘え」になるのか、私には理解できない。

それはさておいて、つまりは金がないし、就職先もないし、人売りは買ってくれないし、というのが私の中年の虚無感の源泉である。

この連作では、虚無を描いてきたつもりだ。

なので、こうした自分の虚無を語って締めとしたい。本当は、上で語ったことを小説風にしようとしたが、救いを入れたくなってしまったのでやめた。
救いなどねえに決まってんだろ。甘えんな。

さて、そういうわけなので、私は、死んだのです。


Endtroducing..... [Explicit]

Endtroducing..... [Explicit]