megamouthの葬列

長い旅路の終わり

誰も勃起してはならぬ

勃起することは男にとって全ての諸悪の根源である。

勃起、言うなれば、男性の性の発露が陰に陽に、女性に対するセクハラとして、さらには暴行事件などとして顕在化することは改めて述べるまでもないだろう。

それ以外にも勃起の害悪は社会に蔓延している。

特定の個人に関わることについて具体的な例示は避けるが、
仮定の話として、国内のITエンジニアとして最高の地位と年収とストックオプションを手にした男が、女子大生に一度勃起してしまったばっかりに、
リベンジポルノされ、その性癖と射精に至る時間までも暴露されてしまい、自分のブログで、彼女の言い分では付き合い始めたのは2014年からとなっておりますが、それはセフレ期間を含んでおりますので、正確には2015年からとなります。という何言ってんだお前感溢れる釈明に追われてしまうといった事態も考えうるのである。

また勃起は女子大生とラブホテルにいる時だけ発生するものではない。
意中の異性、または不特定多数の異性が自分に好意を抱くのではないか、という予測が成立している状況、端的に言えば、「今俺すっげえイケてる」と考えている場合においてすら発生する。


昔、私はあるアートイベントの会議にオブザーバーとして呼ばれたことがある。
そこではアートイベントの方向性について白熱した議論が行われているのだが、どうも様子がおかしい。
どういうターゲットを想定するのか、集客の為にどのような行動が必要か、などという現実に立脚した議論が全く行われず、
抽象的で、しかし、聞き心地だけはいいアート論、理想論が飛び交い、誰かが話だす度、議論が、たちまち上空かなたに飛翔していくのである。
私は訝しんで、ふと、熱弁をふるっているどこぞのアートディレクターの股間を見てしまった。

勃起していた。

なるほど、こういう議論をする時、人は軒並み勃起しているものなのだ。と、私は深く感心した。
そして、その後アートイベントは意味不明のコンセプトと、よくわからない内容で、不評に終わった。
ただ一度の勃起が一つの機会を台無しにすることがあり得るということ、これはおおっぴらに語られることはないが、事実である。


あるいは、このエピソードから勃起が本来有能であった人を無能にすることがある、ということが読み取れるかもしれない。

そしてそれが、この社会に男性諸氏を巧妙に「勃起」に誘導せんと、あらゆる仕掛けが蔓延している理由である。
まるで今すぐ関係を結べそうな女性の写真を、通販カタログが如く並べる出会い系広告、
性に積極的すぎる少年とその叔母との情事を、アパートの上階から陰茎めがけて落下する女性を、あそこは地獄穴ですだよに落ちた田舎のブスを描いたWeb漫画広告、
ビールのCMで、何かいかがわしいものを飲み干す珍妙なかけ言葉を連呼する女性たち。
これら全ては「勃起」を通じて冷静な判断力を失わせ、購買意欲を高めんとする闇のマーケティング理論を元に行われており、そこには女性の尊厳を全く無視しているばかりか、良いものを作って、消費者に正当に判断してもらおうという、真っ当な商道徳すら欠片もない。
これらの企画もまた、勃起したマーケティングディレクターによって発案されたことが、明白なのである。


見てきたように、勃起がもたらす害悪は様々である。しかし、なぜ男性諸氏は勃起をやめようとしないのであろうか。

かつて、精力が減退した老人は、「長老」として敬われ、その判断には一目置かれたものだ。
言うまでもなく、老人は勃起しないからである。

しかし、現代においては、バイアグラの密輸などで、当の老人までが勃起能力を手に入れようと必死になっている。
(念の為注釈するが、不妊治療など正当な目的での勃起不全治療薬としてのバイアグラを否定するものではない)

なぜ彼らは卵子に向かって泳動する精子のごとく勃起をやめないのであろうか。
疑問を抱いた私は、かつて山本夏彦翁が言った言葉を思い出した。

新聞や雑誌の本文は読むに値しない、広告を見よ。

私もそのようにしよう。センテンス・スプリングとゲス勃起カップルに称された雑誌の広告などを漫然と眺めていると、果たしてそこに答えはあった。

マムシドリンクやスッポンサプリメントの広告に踊るコピーがそれだ。

「男性の自信回復」
「毎日の活力」
「生涯現役」

逆に言えば、世の男性は自信と活力を失い、いつ自分が若い人間にとって変わられるか、戦々恐々としているということだ。
そういう時、勃起は彼らに偽りの万能感を与えてくれるらしい。

なるほど、これは覚せい剤中毒のメカニズムとほぼ同じである。

精神的並びに肉体的に、最早超人と化した彼には如何なる離れ業も可能と感じさせるのです。彼にとって、人生などほんのマンガです。そしてスピーダー(覚せい剤乱用者)は快感の敷き詰められた道路をひた走るのです。

この無意味に詩的な文章は公益財団法人 麻薬・覚せい剤乱用センターからの引用であるが、
まさしく、勃起も同様の感覚を引き起こしていると考えられる。

勃起こそは社会の害悪である、という私の論理は、図らずも、男性諸氏によって、独占され、秘匿され続けた合法ドラッグの一手法を見つけてしまったようだ。

繰り返し言う。勃起は諸悪の根源である。全ての男性は今すぐ勃起をやめるべきだ。
伊藤直也の死を無駄にしてはならない。


マイ アイアン ラング

徹夜明けの朝、つけっぱなしのテレビから、朝のワイドショーから、ヒステリックな女の声がTVから流れてくる。
それはある女代議士の声で、部下の無能さを車の中で罵っているのだ。

その声には単なる叱責とは異なった、病的で狂気を帯びた響きがある。

それが白日の下にさらされた時に醸しだされる滑稽さも含めて、私はこれをよく知っている。

母の怒鳴り声と同じなのだ。

昔、母は常軌を逸した怒り方をした。その矛先は主に父であったので、つまりはよく夫婦喧嘩をしていたということになる。

母の怒りの原因は父そのものに起因するというよりは、祖父(彼女にとっては舅)を代表する父の親族にあった。また、父も言い返すというよりはじっと母の罵声に耐え続けていたので、厳密にこれが夫婦喧嘩と呼べるかはわからないし、夫婦仲が悪い、という表現も当たっていないように思う(このあたりが家族というものの謎めいたところだ)

子供の頃の思い出のほとんどに「夫婦喧嘩」をしている二人の姿がある。
私達兄弟はその度に、子供部屋の薄暗がりに身を潜めて、ドアの隙間から差し込むおぼろげな蛍光灯の下で怒鳴り散らす母の怒声に身をすくめるのだ。


母があれほどの剣幕で怒りを表現するのだから、きっと父とその親族は母に対して非道な仕打ちをしているのだろう、と私は子供心に思った。
母に同情的であった私は、それを解決する力が自分にあれば、とも考えていたが、幼い自分にはそれはひどく非現実的なことのように思えたし、年上の兄の諦観したような表情を見ていると、そんなことは到底無理なことなのだろう、と思う他なかった。


兄は大学進学を期に家を出ていき、私もまた分別のつく年頃になった。
そうなると母とそれをとりまく、我が家の事情というものも薄々わかってくる。

結論から言うと、母の怒りは、結婚当初から今に至るまで、父の親族にいじわるをされたり、金銭的に迷惑をかけられたということから構成されていた。
もちろん母に分のある話もあったが、ほとんどはさっさと忘れてしまったほうがいいような事であったり、または適当な第三者を介在させれば解決できそうな問題ばかりだった。

しかし、母は、それらを解決しようとはしなかったようだ。むしろ、繰り返し繰り返し、過去の問題を思い出しては自分の怒りのボルテージを釣り上げ、父に罵声を浴びせ続ける方法を選んでいた。

同じことを繰り返しながら違う結果を望むことを狂気という。


そういう意味ではまさしく彼女のそれは狂気であった。
兄は家を出る時、私に何も忠告はしなかったが、彼が母を見る目はぞっとするほど侮蔑と冷淡さに溢れていて、全てをわかっていたように思える。そして実際、それ以来兄は、家に帰ってくることはなかった。

しかし、私はどうにも母を放っておく気にはなれなかった。年を追う毎に母の狂気は暴力的な色彩を帯びるようになっていて、物に当たったり、父に手をあげることも多くなった。
一度は、学校から帰ると、台所中に米粒が散乱している時もあった。
黙ってそれを箒とちり取りで片付けている父の後ろ姿を見ていると、家族が所詮は一つの幻想に過ぎないとわかってはいても、自分が、関与せずにはいられないような心持ちになったものだ。

私は時々、父に代わって、母の話し相手を務めるようになった。
夫婦の場合とは違って、母の声のトーンは穏やかだったが、新婚当初に父の親戚に嫌味を言われたというようなエピソードを、3度めであろうが、5度目であろうが、まるで、自分は初めてこの話を私に打ち明けたのだという調子で語るのだ。

私は父が耐えてきた苦痛を思った。そして、その話が直接自分とは関わりがないということの幸運を噛み締めた。


だが、その幸運すらも長くは続かなかった。

私が大学を辞めたからである。

母の標的は私に移った。

栄光のエリートの安定した生活を捨て去り、莫大な学費をドブに捨て、さらには母の自尊心を踏みにじった大罪人として、私は裁かれることになった。もちろん刑罰は決まっている。永遠の、終わりなき罵倒である。


大学を辞めた私が、IT業界に潜り込んで生計をたてようが、少ない給料の中から幾らかを捻出して母に返そうが、そんなことは何の解決にもならなかった。

何度も書くが、彼女は解決を望んではいないのだ。損なわれた自尊心の償いを求めているのだ。


だから、私はあのヒステリックな声の裏側に潜むもののことをよく知っている。同時に、それに対処する最善の方法も知っている。
できるだけ速やかにその場を立ち去り、あの声の主から遠くへ逃げることだ。


私は、実際にそうした。


しかし、逃げ込んだ先で、かつての家族を思い出さないこともない。

ずっと昔、radioheadのMy Iron Lungの序盤のフレーズが頭の中を流れた時、ふと幻想を見たことがある。

それは、玄関のドアを開けると、よく晴れた初夏の日差しの中に、私の家族が立っているというものだ。
父も、兄も、母も、皆がにこやかな表情で立っているのだ。
正常な、狂気のない、暖かで、穏やかな家族の一人として、私を迎える為に。

それはかすかに残った家族の欠片が見せた幻だったろうか。
理知的に生きてもなお残っていた、私の魂が密かに望んでいた物なのかもしれない。


私の家族は悲惨だったのだろうか?と思う時がある。
母が悪かったのだろうか?父が悪かったのだろうか?
今に至っても私にはわからない。

ただ、そこに、ぽつねんと狂気があり、そしてそれこそが私達家族であった、としか言いようがないのである。


The Bends?[国内盤 / 解説・歌詞対訳付] (XLCDJP780)

The Bends?[国内盤 / 解説・歌詞対訳付] (XLCDJP780)

反なろう小説と、万能性の核

www.asahi.com

死にました。どっかの水族館に入れば見に行けるなあと思っていたので残念です。

私今、すごく疲れていて、本当はこんなのを書くべきじゃない精神状態なんですけど、マイスリーデパスと酒という、私にとっては昏倒レベルのカクテルを飲み干したところなんで、なんか書いています。
多分、ひどい内容になると思いますけど、皆さんとは長い付き合いなんで許してくださいな。

反なろう小説

kakuyomu.jp

こういうコンテストがあります。「転生モノ不可」ということで少し話題になったので、聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。
賞金の10万字で30万円=3円/文字というのが、ライター基準で言うと、「小説でもそんなに安いの?」っていうものだったりするのですけど、新人賞ですので、応募する方も沢山いらっしゃるでしょう。

あと、関係ないですけど、カクヨムで応募ということは、落選しても「ネットで発表済み」ということになって、他の文学賞に応募できなくなったりしないんですかね?そう考えるとカクヨムのコンテストってひどい排他性があるわけで、応募者にそういうリスクがあることを明示していないのがモヤモヤします。

話を戻して「転生モノ不可」というレギュレーションは、元祖の「小説家になろう」で行われた文学フリマ短編小説賞|文学フリマ×小説家になろうでも規定があったのですけど、こちらのほうは、「文学」というラノベとは対極にあるものが対象だったので、致し方ないところだと思うんです。(ラノベ↔文学という対立項をたてるのは実は乱暴な議論で、本当はこんな単純化して書くものではないですが、勘弁してください)

で、novel 0のほうなんですけど、なんか普通に「大人のラノベ」レーベルみたいな雰囲気なんですよね。とすると、どうして「転生モノ不可」なんていう規定をくっつけたのだろう?というのが不思議になります。

もう一つのレギュレーションに「成人男性の主人公」というのがあって、こちらは、そういう「制限」をしたほうが、レーベルカラーに合った作品も集まりやすいですし、何より既にカクヨムにアップしてあるのを応募してやろう勢を止めると同時に、創作意欲を掻き立てる部分があっていいと思うんです。

まあ「転生モノ不可」もその一貫かもしれないですけど、この部分がクローズアップされて(それも計算のうちかもしれませんが)この賞自体が、「反なろう」の色彩を帯びていると騒がれるのは少しおもしろい現象だな、と感じました。

なろう小説とは何か

私は、なろう小説を今だに読んでません。トップページ見るだけで頭痛がするからです。ごめんなさい。
なので、以下は想像です。

なろう小説とは、実質「転生モノ」である。と言ってしまってもあながち間違いではないでしょう。
もちろんそうでない小説もあるでしょうけど、そういうのはランキングにはあまり上がってこないし、上がってきても、転生してないだけで、転生モノの特徴である

  • 主人公が異世界に干渉する
  • 異世界の人間が大体バカ
  • 主人公がモテる
  • 主人公が無双する

という属性を備えているような気がします。だからまあ、「転生モノじゃないにしても、転生モノの属性を備えた小説」を典型的な「なろう」小説と呼んでもいいと思います。

読んだことのない私が簡単になろう小説っぽいものを書けるのは、別になろう小説を研究したからではなく、手口が見え透いているからです。
作者や読者の「万能性の核」を描いた作品だということが明白なので、それに反しないように書けば、大体「なろう小説」になるのです。

万能性の核

この言葉は、以前にひきこもりやニートについて書かれた秀逸なブログ記事で見かけて、強く印象に残った言葉です。(URLを忘れてしまったので、誰かそのブログ記事を見かけた方がいらっしゃいましたら教えてください)

曰く、ひきこもりやニートが社会に参画しないのは、彼らの中の「核」として「万能性」というものがあるからだ。

という主張です。この万能性というのは言わば何もしていないことによって守られている可能性の塊です。
簡単に言えば、まだ何もしていない人間は挫折も同時にしませんから、いつかは小説家になれるし、医者になることだってできるし、サッカー選手にだってなることが理論上は可能なわけです。

実際、馬鹿げたと考え方だと私も思いますし、当人も、まさか今から東大理Ⅲに入って医者になれるとは本気で信じていないでしょうが、可能性を留保することで、「医者になれなかった人」には決してならないわけです。

だから彼らはある意味で「万能」ですし、自ら就職したりして、自らその万能性を捨てるような不合理な真似はしないわけです。

で、そのブログの主張を思い出しながら書きますが、この「万能性の核」を持った人間を社会に引きずり出すには、彼らの能力を一つに限定しなければならない。本当は何にでもなれるんだけど、それら全てを捨てさせて、例えば俺はITエンジニアになるんだ。という方向に持っていかなければならない。

その為には、誰かが彼らにそれを求める必要がある。

つまり「ニート君大変なんだ!今まさにITエンジニア必要なんだ!そうでないとみんなが困ってしまう!だからITエンジニアになってくれないか!?」と頼む必要があるわけです。このような「求め」は万能性を放棄することの対価として、世界に彼の居場所である、役割を与えてくれます。

そうされて、初めてニート君は、万能性の核をぶち破り、ITエンジニアとしてのつらい一歩を踏み出すことができる、

そういう感じで対応しないと、ひきこもりもニート問題も解決しないんじゃないかなーというのがブログの趣旨でした。


まあ、そのような方法がニート支援の方法論として現実的であるかどうかはともかくですが、
もし、ニート君にとって、万能性を維持したまま、自分が要求されるようなことがあれば、それが一番ベストでしょう。
「なろう」小説の序盤の構造(大塚英志風に言うなら出立)では、異世界の神や、エルフの少女などによって、主人公は異世界に引き込まれますが、この万能性の放棄を要求されることはありません。

そしてまた、「現代の知識」であったり、神に与えられた具現化された「万能性」によって、異世界の問題を次々と解決するわけです。

つまりは、なろう小説とは、「万能性の核」を持ったままで、心のなかでは欲していた他者の要求によって、何者かになれてしまう、という作者や読者にとっては、まことに都合の良い(ムシのいい)構造を持った物語と言えるかもしれません。

反「なろう小説」とは何だろうか?

そういう意味では、novel 0のコンテンストが「反なろう小説」を求めているのであれば、読者の投影対象となる主人公にこの「万能性の核」を放棄させる必要があります。

すなわち、「万能性を失った人」=成人を主人公にし、また「転生モノ」のような安易な方法で、その「欠落」を回復させてもいけない。ということです。

これは、novel 0のレギュレーションと奇妙にも一致します。

同時にnovel 0が本格ミステリのノベル文庫レーベルでもないことを合わせて考えると、このコンテストが求めている作品は、

「なろう小説」の主人公が「万能性の核」を放棄した後、その欠落を探し求める、または、欠落したまま生き続ける物語
すなわち、ポスト「なろう小説」なのではないだろうか、と考えられるわけです。


以上は全て私の妄想なので、応募しようと思っている方は鵜呑みにしないようにしてください。
案外、普通の正統派ファンタジー騎士物語とか、天才探偵が出て来るミステリが受賞しちゃうこともあると思います。

でも、私がこの「反なろう小説」を思いついた時、「そんなのがあるなら読んでみたい」と思ったことも事実です。もし、賛同してくれる方がいらっしゃたら、是非書いてみてください。私にはもうそんな物語がないので、書きませんが。

以上です。

業務連絡

もう充分エントリを書いたので、このエントリを持って懺悔とし、今月いっぱいはお休みです。

自分的には、今月でやりたかったことは全部やった。という印象を持っています。
残念ながら、それでいて、反響としてはこの体たらくなので、(それが全てではありませんが)
このブログを続ける意義も昔と比べて薄れてきています。
来月からはあまり更新ペースにこだわらずにやっていこうかなと思います。

辞める時は、ちゃんとそう言いますから、これは終了宣言ではありません。
なので、読者の皆様におかれましては、気長にお待ち頂けましたら、望外の喜びです。

それではまた、いつか、どこかで。