読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

megamouthの葬列

長い旅路の終わり

人売りIT企業とアウトサイダー達の物語

axia.co.jp

というエントリを読んだ。
書かれている内容は大まかに事実だし、「人売りIT企業滅ぶべし」という主張にも賛成である。

私自身も、何の付加価値も生み出さず、プロジェクトリスクも引き受けず、登録制の特定派遣制度がなくなったとたん、SESとか準委任契約がどうとか、法の抜け穴を探して、それらを「人身売買」とうそぶいて悪びれない経営者は、死後、テンプレートが一切禁止され5000ほどの謎のマクロが存在するC++(実質C)で、関数名に仕様書のモジュール番号がつけられていて、更新履歴を全てコメントで残すタイプの1万人年のプロジェクトを一人でやり続ける地獄に落ちればいいと思っている程度には「嫌い」である。

だが、それは前掲のエントリの主張とは違って、単に自分にはできない方法で楽に儲けくさった連中に対する嫉妬が主になっているので、
本稿では、多重請負構造の害悪とか、多重派遣の違法性、ビジネスモラール云々という話はしないし、できない。

そういったものは、前掲のエントリのブコメや、関連エントリなどで存分にやっていただいて、日本のIT業界全体の問題として、非技術者を含めた皆が、問題意識を共有して欲しいと願うものである。

人売りIT企業に向かう人々

さて、ではここで何を話したいというかというと、一つは人売りIT企業で実際に売られる立場の人間とはいかなるものか、という事である。

考えてみれば、人売りIT企業が扱う「商品」である、ITエンジニアというのは、珍しくもないが、ありふれてもいない、という程度には希少な存在であり、それらが「供給」されなければ、彼らから報酬をピンハネする人売り商売というのは成立しない。

ITエンジニアが皆、制作会社やエンド企業などで正社員や契約社員として雇用されていたり、合法の大手人材派遣会社にこぞって登録していれば、無意味で違法な中間搾取業者など存在できよう筈もないのだ。

だが現に、彼らは人売りIT企業に向かう。何故か?

まあそれは個人それぞれに事情があります。と言ってしまって話が終わりなのだが、せっかくなので、幾つか私の見聞きしたケースを書いておきたい。

ITエンジニアになりたい人

人売りIT企業が採用している人材には、ITエンジニアになりたいが、何の実績も持っていない、という人がけっこういる。

新卒で入った会社を1年で辞めた彼らが、早速IT企業に転職だ!というわけで大手の求人サイトを見てみると、特定の言語の実務経験が3年以上とか、ある領域の業務知識を必須として求められる。そういった実績がない場合は、よほどコミュ力があることを面接などで主張できない限り門前払いである。

では、新卒カードを何らかの事情で手放してしまい、やはり手に職が欲しい。コミュ力もないので、ITエンジニアがいい(その選択もどうかと思うが)といった人はどうすれば良いというのだろうか。

Perlの作者、LarryWallのように大学で学び直して修士でもとる、という選択肢は日本にはほとんど存在しない(そもそも学費をどこで稼げばいいというのだ)、他にもベンダー資格やIPAの国家資格を独学で取るという方法もあるにはあるが、バイトでもしながらそれらの資格をとるには尋常ではない意志力と努力が必要だし、そういった座学の人を気前よく雇用して、貴重な実績をつませてあげる企業もそれほどないので、割に合わないと言える。

そういう人に用意されている道は、公的にはハローワーク職業訓練ということになっている。
これなら失業保険を貰いながら、勉強ができる。だが、はっきりいってこの手の研修のクオリティはひどいものだし、雇用側もその事をよく知っているので、申し訳ないがそういった研修経験が履歴書の染み以上の存在になることはない。

なので、後からITエンジニアになりたいと思っても、いくら大手の求人サイトに中途採用の求人がひしめいていたとしても、彼らがITエンジニアになるには相当な運と努力が必要ということになってくる。

だが、こういった人を簡単に雇ってくれる神様のような会社が存在する。
ご存知、人売りIT企業である。

彼らはとにかく現場に人を放り込んでマージンを稼ぐことに必死なので、よほど問題がなければ、若ければとりあえず採用してくれる可能性が高い。それに数も多いので、ダメなら次に行けばいいのである。

勘違いしてもらっては困るのだが、人売りIT企業が、研修などの教育をしてくれることはない。単に、熟練の社員とペアで派遣したりして、現場でOJTさせるのである。派遣される側であるユーザー企業も、グリコのおまけのようにくっついた素性のよくわからない若手などいらないのだが、熟練エンジニアのほうは是非とも欲しいので、ペアで100万/月でどうですか?とか言われれば、まあしょうがないか、となる。

このように、未経験の人間が、熟練エンジニアと一緒に実績をつむことが可能になり、流浪の若者にもITエンジニアになる道が開けるのである。

適当に生きたい人

人売りIT企業は何のリスクも負わないと書いたが、実際にはひとつだけリスクを負っている。
自社のエンジニアがいなくなること、すなわちバックレである。

ITエンジニアはコンビニバイトのようにバックれたりすることは、あまりないが(ないと思う、いや結構あるような気もするけど)、例えば大手の派遣会社や、転職エージェントを使ってアサインされた案件でバックレをやってしまうと、良くて厳重注意、取扱注意物件となってしまい、その後の紹介先の条件が引き下げられたり、最悪契約を破棄され、出禁になるようなペナルティを負うことになる


その点、零細人売りIT企業に入社して、強引に退職しても、社長が損害賠償請求をちらつかせたりといった恫喝まがいの違法な主張をするぐらいで特に問題はない。別にそんなところ出入り禁止になっても困らないし、その手の強欲経営者が、いくら困っても、特に良心も痛まない。

なので、適当に現場に入って、つまんなかったらとっととバックレようと思っている人間にとって、自分をアサインできる現場を必死に探してくれる人売りIT企業は有難い存在だし、どうせ後で裏切るので、どんな経営者でも別に構わないのである。

こう書くと、エンジニアがただのクズのように見え、実際にそうでないとは言い切れないのだが、例えば鬱病などの精神疾患系の病歴があり、そのままでは正社員になることが難しかったり、ある程度理解のある職場に入っても、結果的に病気が悪化して迷惑をかけたくない、と考えている人が、その負い目と打算から、あえてこのようなクズ会社を選ぶケースもある。

高額な報酬が欲しい人

これはある程度スキルのある人間限定になるが、人売りといえど人の子である、使える人材は手元に残しておきたいので、それなりの給料を払ってくれる場合がある。

例えば、ユーザー企業の正社員として、高額な給料を得たければ、外資系のIT企業に入りでもしない限り、管理職的な能力を求められる。
ITエンジニアの中にはプログラミングが好きで好きでたまらなくて、管理職なんて真っ平だ、と言った人もいるので、そうした人はスキルがいくら高くても、インハウスのエンジニアとしては、なかなか高報酬が得にくい。

こういう人が、ロクな人材がいなさそうな人売りIT企業に入って、現場に派遣してもらい、その実力をいかんなく発揮して、ユーザー企業から絶賛されたりすればしめたものである。

「いやーなんか評価高いっぽいすね。次回の契約更新値上げできそうですね?でも、そろそろやめよっかなー。バカンス行きたいんすよねバカンス」といった空気を出すだけで、人売りIT企業側も、辞められるよりはマシなので、それなりに給料を出してくれる場合がある。(もし出してくれなかったら、本当に辞めるだけである)

こうして、本来日本型企業では不可能だった「高スキル型人材に高報酬」というシステムが成立するのだ。

本当にそんな人がいるのか、と思う人もいると思うが、情報商材の宣伝サイト以外、自分がいかに儲けているか、という話を人は他人にはあまりしないものである。だから、まあ、あるんじゃないかな、と言っておく。

アウトサイダー達の楽園、あるいは墓場としての人売りIT企業

まるで、人売りIT企業就職ガイドのようになってしまったが、結局のところ、人売りという商売が成立するのは、

  • 未経験は新卒一括採用のみ
  • エンジニアに高報酬を払わない
  • 余剰人員を持たず、繁忙期の人材需要が自社で賄えない(賄う気がない)

というユーザー企業側の構造によるものも多分にある。
人売りIT企業で働く人に共通して言えることは、このような旧来の日本型雇用・報酬形態に馴染めなかった人々、すなわちアウトサイダー達だということだ。
派遣などの不安定雇用で働く人材のボリュームゾーン氷河期世代であることも、この事実を裏付けているように思う。

また、このような多重請負構造は、IT業界特有の問題でもない。
例えば福島第一原発で、廃炉作業や除染作業に従事する作業員にも同様の構造が見られる。

もし、多重請負構造がその産業に無駄なコストを課しているというのなら、それらの「無意味なコスト」の源泉は、爪弾きにした人々に対する救済を怠ってきた日本の社会構造そのものの問題に帰することになるのではないか。

私はそのように感じるのである。


二つの邂逅とその対話

崑崙に至る山麓の途中、網中と呼ばれる谷に小さな草庵がある。というよりあった。
そこには過去に偉大な仙人が住んでいたとも言う人がいるし、いや、あれはただ取るに足らないことを言うだけのペテン師であったという人もいる。

ともかく、今、その草庵は荒れ果て、付近の村人からは「散庵」などと呼ばれていたが、私が訪れると、屋根などは所々が破けて、初夏の日差しがまだらな模様を黒い土壁につけていた。

中は思ったよりもひんやりしている。私は、かつて居間があったと思われるささくれだった板の上の身を横たえて、草庵の入り口から見える竹やぶの笹が風に揺れて色々な光を放つのをぼんやりと眺めていた。

「勝手にあがりこんで、昼寝を決め込むとは無礼な男じゃな」
背後から声をかけられた。いつのまにか腰のあたりまで髭を生やした老人が見下ろしていた。
驚く間もなく、老人が杖がわりにしている木の枝の先端が私の顔のすぐそばに突き立てられてドンと音がした。

「貴様にはやると決めた事があるだろう」はい…すいません。
「何故やらんのだ」いやだって…反応もないし…
「そんなもの貴様は求めておらんかったろう」そうなんですが、書けば書くほど人生が削り取られているような気がして…いつのまにか対価を求めるように…
「なんと浅ましい!」
と老人は憤慨して狭い草庵の中を覚束ない足取りで歩き回った。
「貴様の人生など、元よりとるにたらん。それが便所紙の如き消費をされたとて、何を嘆くことがあるのじゃっ」
侮辱たりうる言葉ではあったが、私は恐縮する他なかった。

「人生を描くことが惜しいというのなら、書かなければ良い。な?」
ですが、現代のプレカリアートの…テクノクラートのそれを描くこと…
「そういう下卑た話は外でしてくれんかの。到底聞くに耐えん。お前と比べたら、女の子の将来なりたいランキングのほうが何倍もマシじゃ」
しかしそれでは、意味が…
「意味?意味と言うたか、この若造が。」
老人の目が険しくなった。
「わしが無意味なことをしているとでも思うておるのだろう?」
い、いや、そのようなことは滅相もありませんが
「所詮、わしらがやっとることはチリ紙配りじゃ、街をゆくものが鼻を噛んで終わりじゃ。」
老人はきっぱりと言った。
「まあ、中には一緒に入っとる広告を見る者もおるようじゃがの」
と片目を瞑って、ウィンクした。チャーミングというよりは不穏と言うべきものだった。
「どちらにせよ、貴様に教えてやることなど、何一つない。わかったらさっさと出ていくのじゃ」


さて、こうして老人に草庵を追い出された私は、山中を歩き回ることになった。
いつの間にか日も暮れ、月明かりさえもない。

ふと、眼前に煌々たる光が見えた。しかしそれは暗闇に目が慣れていたせいで、実際には小さな焚き火にすぎぬようであった。
私は、蛾のように焚き火の前に彷徨い出た。焚き火の傍らには、神経質そうな若者が黙々と炎に小枝をくべている。


「君は人を殺してきたね?」
私が焚き火のそばに腰をかけると、若者は唐突に言った。もちろんそんなことはしていない。
「ふーん」
否定しても、何の反応も示さない。なんなのだ。
若者の傍ら、焚き火の光から影になったところに、青い髪の少女がぼんやりと座っているのが見えた。
そちらの方は?
「こっちが見える人もいるもんでね。まあ君には見えにくいなら気にしなくいい」
そういうものか、と私は思った。

「言っておくけど、Buzzる方法は教えないよ」
若者は言った。私は心中を見透かされたようで、息を呑んだ。

「言ったところで、君は実行しないし、むしろ僕を軽蔑するだろうからね」
そんなことありませんよ。私は本心から言った。
「いいや。君は人を踊らせることを軽蔑している。それでいて、哀れんでほしいんだ」

「僕に、言わせれば、そこに何も違いはない。好みの餌を用意してやっても、哀れっぽく泣き言を書いても、入るところは連中の脳みその中にある胃袋さ、それこそ『入ってしまえば同じ』さ」
といって、彼は、また小枝を炎に投じた。
「なら、自分から餌を放り込んでやればいい。連中はただ食いたがっているだけなんだから。」
まるでこの炎のようにですか。
「そう。常に焚べてやらないとね。君も少しは連中の好みに合わせてやったほうがいい」
もう語るべき言葉がないのです。
「そりゃ…自分を食わせるからだよ。同情の余地もないね」
私はここでも悄然とするよりなかった。

「どこに行くんだい?」
私が焚き火の側を離れて、さらに暗い山奥に向かう時、初めて若者はこちらを向いて言った。
ここよりさらに暗い場所に行けば、あるいは、と思ったのです。
「馬鹿げた考えだね。この先には何もないよ」

私は、それでもかまわず、草を掻き分けて影に向かって歩き続けた。

やがて、地が終わり、崖にさしかかったようだった。
私は足をとめて、崖の下を見下ろした。


はたしてそこには何もなかった。
私は地と同じ色をした空を見上げる他なかった。


ブログ飯 個性を収入に変える生き方

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

司祭としての医師

以下に、人の死について、非常に生々しい話を書く。
なので、直近に肉親を亡くされた方や苦手な方はご遠慮いただきたい。


news.livedoor.com

というネットニュースを見た。
そもそも私はくわばたりえが好きではなく、それは彼女が仕事として代弁しようとしている層と、彼女がわざわざ着目するある種の醜悪な人間性に我慢ならないからで、大抵の場合、私はTVで彼女を見かけるとチャンネルを変えてしまう。だが、それは本稿の主題ではないので、さておく。


このニュースを見て思い出したことがある。父を看取った時の事だ。

父が倒れた、という電話を受けた時、私は会社で仕事をしている最中だった。
私は、上司に事情を伝え、タクシーに飛び乗ると、自宅に向かった。

父は以前から心臓を悪くしており、その少し前からベッドからほとんど動かないような生活をしていたので、タクシーの中の私は半ば覚悟をし、半ば今回もなんとかなるのではないか、という気持ちであった。

自宅に戻ると、誰もいなかった。
両親が飼っていた猫が所在なげにソファーに座っている。

書き置きも何もなかったので、待つより他にない。
しばらくすると、閉まっている玄関のドアが大きな風に当てられたように、ドン、と音をたてた。
猫が身を起こしてニャーと鳴いた。

私は、何故か父が戻ってきたのだ、という気になった。
その時電話がかかってきた。

電話は叔父からで、父が救急搬送された病院を私に伝えた。


案内された病室では、男性の看護師が懸命に裸の父に心臓マッサージをほどこしていた。
母は狂乱状態にあり、冷たくなっていく父の体をさすり続けていた。

初老の主治医が渋い顔をして、心電図を見ている。
看護師が心臓マッサージをするたびに、それはピッという電子音を発して、心拍を知らせるが、看護師が少し手を休めると、音は消え、心電図の線は残酷な平坦を描くのであった。

主治医が時々、看護師に命じて、電気ショックを与える。

その瞬間も心電図は多少の反応を見せる。しかし、心拍は除々に消えていく。
疲労困憊した看護師に代わって、他の看護師が父に覆いかぶさって心臓マッサージをする。

主治医は母に向かって静かに言った。
「もう既に、心肺停止からかなり時間が経過しています。もし心拍が戻っても、何らかの脳障害が残る可能性が高いでしょう」

母はまるでそんな言葉を聞かなかったように、父の体をさすり続けている。
そうしていれば、やがて父の体が復活し、けだるそうな顔をして目覚めるのだ、と期待しているような、いやそれを確信するように自身を追い詰めているように私には思えた。

私は、父の足先に触れた。それはひどく冷たく、もはや父の体の一部ではないように感じられた。
唯一伝わってくる生きた振動は、父にまたがって汗だくになって心臓マッサージを行っている看護師によるものだった。

私は主治医に言った。
「今までの施術で、心拍が自律的に戻ったことはあるでしょうか?」
もし、そうであれば、この施術にも多少の意味はあることになる。望みと言い換えてもいいかもしれない。

「いえ。搬送された時点から、自律的な心臓の拍動は見られません」
と主治医はきっぱりと言った。

看護師の荒い息遣い、その度に反応する電子音、母の悲痛な声だけが病室の中を漂っている中、主治医は、諦めるでもなく、何らかの決心をうながそうとするでもなく、ただ静かに、父と私達家族を見据えていた。

ああ、なるほど、彼は司祭なのだ。

私は思った。

こうして心臓マッサージや電気ショックを繰り返すことで、父の心臓は動く。そういう意味で、父は死んではいない。
しかしそれをやめれば、心電図は残酷なフラットラインを描き、父の死は確定する。
だが、死が確定していないからといって、父が生きている、ということでもないのだ。

患者の生と死の狭間に主治医は立っている。
いや彼の専門的な経験知の中では、父が既に死の領域に入っているのは明白なのだろう。

だからこうして、私達が父の死を受け入れるのを、施術を止めてもいい、と言い出すのをじっと待っているのだ。

主治医の目は静かだった。哀れみがあるわけでもなく、悔しさがあるわけでもなく、ただ生と死に横たわる絶望的なまでに深い溝を見据えているような、空虚な眼差しのように見えた。


私は母の両肩を抱いた。そして、「お父さんはもうばあちゃんとこにいったよ」と言った。
母はいつものように、私に罵声めいた不平を叫ぼうとして、上手くいかず、「そんなことがあるもんか」と掠れるような声を出した。

母が父の体から離れるのを見届けると、主治医は看護師に目で合図をした。看護師は心臓マッサージを止め、汗を拭って、父の体から降りた。

心電図が平坦な直線を描き、主治医が父の死を厳かに私達に告げた。

それは医学的、生物学的、見解というよりは、現代における託宣であり、
本来は宗教的な儀礼のもとになされるべきものだ。と私は感じた。

しかし、私達にそのような宗教は存在しない。
ただ、近代医学と、それが為した数々の奇跡が私達の信仰となり、医師というある意味でのエンジニアが、司祭の役割を担ってしまっているのだ。

私達はそういう時代を生きている。
それが悲しむべきことなのかどうか、今の時点では判断がつかない。



後日、私は霊柩車で病院に訪れた。
葬儀業者が安置所から父の遺体をストレッチャーで運び出す。

主治医がやってきた。
「我々の処置が及ばず、本当に申し訳ありません」
と彼は頭を下げた。

「いえ。ありがとうございました」私も深々と頭を下げた。

顔を上げた時、主治医は少し眩しそうな顔をして、私の顔を見ていた。そして無言で頷いた。
彼の感情がうかがい知れたのはその一瞬だけだった。


父の死後、母は今でも主治医をヤブ医者だと罵ることがある。
しかし、彼に負わされた筋違いな役割を思うと、私は今でも彼に同情せざるを得ないのだ。