megamouthの葬列

長い旅路の終わり

Webディレクターだけど、異世界の開発会社に転生した -中編-

megamouth.hateblo.jp

の続き

執政官(アドミニストレーター

翌日、僕とエイダとジャムスは、公爵の館に来ていた。

エイダ「あなたの言うとおり、私の伝手で向こうの執政官とは話を通したけど、どうするつもりなの?」

と、不安そうに言った。まだ何も成果物を上げていないのに、クライアントに乗り込んでその実務担当者を呼ぶ、という行為に戸惑いを覚えているようだ。
ジャムスは豪華な椅子の座り心地が悪いのか、モゾモゾと背中をずらしたりして居心地が悪そうにしている。

僕「これでいいんだよ。むしろ、こうしないと何も始まらない。それより、向こうの執政官というのは、どういう人なんだ?」

エイダ「…頭はいいけど、嫌味でいけ好かない奴よ。それにあいつは…」

小声で言いかけたところで、大広間の扉がゆっくりと開いた。一同に緊張が走る。

長槍を持った二人の従者がすばやく扉をくぐり抜けて、執政官を待ち受ける。
その間を悠然とした歩調でやって来たのは、意外にも細身の執務服に身を包んだ若い女性だった。

彼女は長い黒髪を揺らしながら我々とは反対側を歩いて、エイダを一瞥すると、意味ありげな微笑みを送った。ゾッとするほど美しく優雅な微笑みだった。
そしてそのまま、僕達と対面するように座る。
従者が両脇ですぐさま気をつけの姿勢をとって金属製のブーツがカチャリと音を立てた。

女性「公爵様の執政官を勤めております、フリーダと申します。お見知りおきを」

と、落ち着き払った口調で言った。

僕「お目にかかれまして光栄です」

フリーダ「久しぶりね、エイダ。魔法のお勉強は順調かしら?」

半ば僕を無視するようにフリーダはエイダを見据える。エイダの瞳は少し敵意をはらんでいるように見える。

エイダ「順調よ。今日は時間を作ってもらって悪かったわね」

フリーダ「どういたしまして。幼馴染のたってのお願いだもの。少しばかりの時間を割くぐらいはやってあげないとね」

と答える。どうも二人には過去に何かしら因縁があるようだ。しかし、そんなことを気にしている場合ではなかった。


僕「今日は、公爵様の義勇兵応募フォームについて、お聞きしたいことがあって参りました」

フリーダ「そう?要求仕様書に全て書いたつもりだったけど、何か不足があったかしら」

その時に、初めて僕に気づいたような態度で、フリーダはわざとらしく驚いた様子を見せた。

僕「いえ、要求仕様書に問題はございません。少しご確認をさせていただきたかっただけです」

フリーダ「確認?それだけの為に?」

彼女の黒い瞳が冷たく光った。

僕「率直に申し上げますが、いささか実際の運用とかけ離れているのではないか、と思ったものですから」

冷たい瞳をしたままフリーダは優雅な微笑を浮かべた。僕という人間の力量を推し量ろうとしている。直感的に感じた。

フリーダ「例えばどういうところかしら?」

僕「応募者の振り分けをするところです。例えば、若すぎるもの、以前の徴兵に耐えられなかったものを除外する、というのは理解できます。しかし、ある特殊な入力した人物を取り扱う項目、ここが、かなり複雑な処理を必要としているようですが、その意味あいをお尋ねしたいのです。」


フリーダ「随分と遠慮のないこと!エイダは失礼な友人をお持ちのようね」

とエイダを見据える。エイダは伏し目がちにその視線から逃れようとしていた。

フリーダは満足そうに微笑むと、再び僕のほうを向いた。

フリーダ「それはね。傭兵の応募のことよ」


ジャムス「なんだって!義勇兵に金で雇われる兵が応募するのか!」

思わず声を上げる。フリーダが汚物を見るような目でジャムスを見た。エイダは手元をじっと見ている。



フリーダ「長らく戦乱が続いておりますのよ。いかに無知蒙昧な庶民と言えど、そう簡単に義勇兵が集まる保証はありませんわ」

僕「つまり、内々に金を払って、義勇兵を水増しする、ということですね」

遠慮せずに僕は言った。フリーダは不愉快そうに僕を見咎める。

フリーダ「正確には公爵様のご威光に預からんと自ら志願しているのです。ですが、こちらも報酬はお支払いたしますから、大きな意味の違いはありませんわね。」

と、一切の白々しさもなく言った。

僕「今まで、義勇兵の応募は、手動で行われてきましたね。」

フリーダ「ええ。城門の前に受付を置いてね」

僕「では、傭兵の応募に関しては、応募フォームを使用しないようにしてはいかがでしょうか?」

フリーダ「あら。何故そんなことをする必要があるのかしら?」

挑戦的な目つきが僕を捕らえていた。ここからは細心の注意が必要になる。僕は気を引き締めた。

僕「理由は二つあります。城門前の受付所は廃止されるわけではありません。未だPCやスマホを所有しておらぬ民もおりますので。
どちらにせよ、こうした応募の処理は手作業になりますので、傭兵の応募も手作業で行うことに問題はないかと思います。」

一呼吸入れる。

僕「そしてもう一つは、応募フォームを設置することで、受付所に人が集まらなくなります。
これは、公爵様のご威光に、良からぬ風評を与えるのではないでしょうか?
傭兵の一団が受付所に来るようにすれば、そのような懸念をする必要はなくなります。」

言い切った。僕はあくまで平静に、クライアントの利益を第一に考えているという顔を維持した。



フリーダ「…そして、あなた方の負担も軽くなる、というわけですわね?」

エイダ「!」

彼女にはすでにお見通しだったわけだ。
傭兵の募集を別扱いにし、データベースを賃金払いなどに利用する、という点は、要求された仕様の中で複雑で、最も大きなウェイトを占めていた。僕はその削減を図ろうとしたわけだが…

フリーダ「あなた方の魂胆は見え透いています。魔法使いというのは、いつも楽をしようとするのね」

僕はすかさずエイダにアイコンタクトを送った。エイダはすぐにそれに答えて、羊皮紙の束を取り出した。

エイダ「これが仕様書よ。傭兵の応募をサポートした場合のね」

フリーダの顔にありありと驚きの表情が浮かんだ。まだ発注して1日もたっていないというのに仕様書が出来上がっているのは意外だったようだ。僕とエイダが徹夜で仕上げたものだった。

エイダ「そして、これが傭兵の応募をサポートしなかった場合」

とエイダは仕様書の半分ほどを分けて、二つの山にし、少ない方の束を指差した。

エイダ「確かに。あなたの言うとおり、傭兵をサポートしないほうが私達は楽できる。でもそれはあなたも同じではない?」

システムは納品して終わりではない。それをチェックし、正常に動くかを検証するのは執政官であるフリーダの仕事になるのだ。仕様が薄くなれば、フリーダの負担もそれだけ減ることになる。さらに…

エイダ「あなたの要求仕様書の画面は今回初めて作るもの。つまりあなた側のスタッフは今回のシステムを運用したことがない。
だから、今回応募フォームを導入することで運用上のトラブルが発生するリスクもある」

フリーダ「確かに傭兵の応募処理は複雑な運用が必要になるわね。ミスも増えるかもしれません」

エイダ「傭兵は現金主義よ。電子決済でなく。金貨の袋をリーダーに与えて、あとは彼らに任せたほうが上手くいく」

フリーダ「それに私達も楽ができる、そう言いたいのね?」

エイダは静かに頷いた。

長い沈黙が続いた。フリーダは羊皮紙をめくって、凄まじい速さで仕様書を読み込んでいく。

ふとその手が止まった。



フリーダ「いいわ。傭兵の応募処理は従来通りにいたしましょう。城門前の受付所に傭兵たちが群がる必要もあるようだし」

そして少ないほうの仕様書の束を手に取った。

フリーダ「エイダはいいパートナーを持ったわね。少しばかり小賢しいけれど」

つまらなさそうな顔をして言った。
エイダの顔が真っ赤に染まる。空気になっていたジャムスが含み笑いをした。

帰り道(プロムナード)

エイダ「もーどうなることかと思ったわよ!」

公爵の館からの帰り道、王都の石畳の道を歩きながら、緊張がほどけたエイダが言った。

僕「そうだね。思ったよりも鋭い人だった。あんなに若くて…」

エイダ「若くて?何?」

僕「い、いやなんでもない」

ジャムス「しかし、良かったな。これで大分実装の負担が減る。あと9日だが、なんとかなるかもしれないな」

わざと大声を上げて、険悪な空気を消そうとした。

ジャイム「ここからは俺たちの仕事だな。まあ最後の3日ぐらいは徹夜になるだろうが…」

僕「いや。徹夜はもうなしだ」

エイダ「どういうこと?」

僕「仕様はまだまだ削れる。それにシステムの使い勝手だってそれほどよくない。」

エイダ「まだ仕様を変更するっていうの?あんなにがんばって作ったのに」

僕「仕様は設計だ。設計は何度かやり直したほうがいい。実装をやり直すよりずっと早い。」

エイダ「でも、フリーダは仕様書を承認したわよ」

僕「何度でも確認してもらうのさ。システムの使い勝手と運用ミスを減らすためだ。協力してもらう」

エイダ「ちょっと待って!フリーダとまた会うの!?」

僕「そうだよ。できれば、あと二回は打ち合わせしたい。ああ、その時は試作品ができていればいいね」

エイダ「それはいいけど。二回もあの、嫌味な女と会わなきゃいけないっていうの?」

僕「?いや、エイダが嫌なら僕だけが行っても問題ないけど」

エイダ「そっちのほうが問題よ!」

僕達の背中が夕日に照らされて3つの影を作る。

王都は夜の帳に包まれようとしている。しかし、僕達の仕事はここからはじまるのだ。

「作る」こと「語る」こと、その呪い

昔の恋人に名を呼ばれたような気がして、目が覚めた。

彼女は時々夢の中に現れる。
そうした時はとても暖かく、いい夢だったと感じる。
おそらくは彼女は既に自分と統合されて内なる神となっていて、私はそれを「アニマ」という聞きかじった言葉で呼んでいるけれど、心理学上の定義はともかくとして、彼女の出現は私の精神に、ある歯止めをかけているようには感じている。

こういう夜にしか書けないことがあるような気がしたので、特に何も考えずに書く。

語ること

最近プログラミングや自分のプログラマ人生の周辺について「語る」ことが多くなった。

そういえば音楽を辞めかけていた時も、私はよく音楽を「語って」いた。

誰かに聞いたのか、自分で考えたのかを忘れたが「洞察は絶望から生まれる」という言葉があって、つまりはそういうことだと思っている。


物を作ったことがない大部分の人間は知らないことだが、何かを作るということは自分に呪いをかけるようなものだ。

集団の中で、「何か」が必要になった時、誰かがそれを買ってきたり、どこから取ってきたりするのではなく「作る」と言ったなら、彼はその呪いにかかっている。
それも大抵の場合、彼自身が自ら望んで呪いにかかったのだ。

「作る」ことを諦めるのは、たやすいと感じるかもしれない。音楽なら、ギターなりアンプなりを捨てて、一生そのことを考えなければ良いのだ。

だが、「作る」ということは完全に自発的な衝動ではない。誰かの「必要」があれば、どうしてもその隙間に自分の作った物を詰め込みたくなる。
ギターやアンプがないのなら、どこからでも取ってきて、「作る」という衝動が心を突き動かしてしまう。
偉そうに言えば、それがクリエイターというもので、その呪いはおそらく一生続く。

一方、「作る」ことが出来なくなることもある。自分が生きるために、家族を養うために、物理的に作る時間が奪われたなら、もはや「作る」という選択肢は彼には残っていない。

そんな時に、人は「語る」のだ。自分が作っていたものや、自分に影響を与えたもの、自分の人生そのものを饒舌に語るようになる。

呪いはそういう「言葉」になって最後の火を燃やす。

もはや語るべき言葉もなくなった時、あるいは本当の意味で呪いは解けるのかもしれない。

私はまだそこに至ってはいない。そして、おそらくその時は、私の全ては意味を失うのだろうという予感がある。

語らないこと

確か21世紀になった頃だと思うが、私の音楽のキャリアの最後、組んでいたバンドが終わってしまうことが決定的になった頃、
大晦日に私と最後に残ったメンバーのTが、一人暮らしの私の家で炬燵に入って、ぼうっとテレビを見ていた。

まだ、大晦日に音楽のヒットチャートを流す時代だった。私たちは次々と流れる去年のヒット曲を聴き、それについて何かしら意見を言ったり、知っている知識を披露しあっていた。ひどい曲が流れた時は、どちらからともなくTVをミュート(消音)した。

ふと沈黙の時間があった。こんなことをしていてどうなるのか、という空しさを覚えたのかもしれない。

私はバンドの話し合いがあった時、メンバーに向かって「君らを信用してはいない」と言ったことを思い出した。どういう文脈でそう言ったのかは覚えていない。だが、まともな曲ができないのは自分のせいではない、という意識があったのは事実だった。

メンバーの一人がそれに激昂して「ならこのまま続ける必要もないな」と怒鳴った。私はその剣幕に驚いて言い訳めいたことを呟いたが、彼はそれに納得することはなかった。

私はあの時に何を語ったのだろうか、と思い返す。多分、何も意味のあることは言っていなかった。だから、問題はそこではないのだろう。
ただ、私の言葉には「形式」がなかった。簡単に言えば「言い方が悪かった」だけだ。

ふと、ミュートされたTVに向かって缶チューハイを飲んでいるTを見た。
彼は私の言葉に怒るでもなく、それでメンバーが去っていっても非難することもなかった。ただ「冷静じゃなかったな」と、後に言った。



その頃に二人だけで作った未完成の曲が残っている。Tのボーカルはピッチが外れたままで、Tのギターと私のシンセとドラムマシンループだけのシンプルな曲だが、確かにあの時間を切り取っているように思える。
それは私たちがまだ、その時に語るべき言葉を持っていなかった証のように思えて、その曲を聴く度、私は少し嬉しくなるのだった。

語れないこと

恋人が出て行ってしまった夜、ベットに寝ていた私は、そこから見えるキッチンに向かう電球色の廊下を見ている。

小さなコンポからサニーデイサービスの曲が流れていて、私は、この素晴らしい世界から永遠に追放されたのだと、悟った。

私は立ち上がり、コンポのスイッチを切ると、深夜の街に出て、歩き始めた。

大学を辞め、職を得た。「作る」ことは止めなかったのは、ちょっとした意地だったのかもしれない。


ある日、職場から帰った私はネットラジオを聴いていた。何かの曲が私の心を突き動かした。

何故かその時、気づいたのだった。心の中で、自分が、あの素晴らしい世界に帰る道がまだどこかに残されていると考えていたことに。

私は零細企業のしがないプログラマだった。そんな道はとっくの昔になくなってしまっているのだ。

私は立ち上がり、ヘッドフォンをつけたまま目を閉じてクルクルと回った。涙があふれ出るのも構わなかった。


これらの事については、私は未だに語るべき言葉を持たない。何かの幸運でこれらが語れるようになるか、もしくは何かほかのもので、この記憶を表現する「形式」を発見するのかもしれない。

記憶と違って、感情は維持できない。だから私たちは語る。語れないのなら適した「形式」を見つけていないのだ。

呪いは一生続く。

「形式」を見つけられる程度に、それが長いことを私は願っている。

Webディレクターだけど、異世界の開発会社に転生した -前編-

megamouth.hateblo.jp

の続き

炎上(バーストダウン)

マクシミリアン公爵の執務室で、その哀れなエルフは震える手で羊皮紙を、公爵の座る重厚なテーブルに載せた。

公爵「ふむ、これが義勇兵募集キャンペーンページの修正後のデザインというわけか」

デザイナーであるエルフは力なく頷いた。美しかった純白の髪には艶がなく、顔からは生気が失せている。

公爵「・・・なんか違うのだよ。こう、ガーとした力強さが足りないというか・・・」

そんなエルフの様子を一瞥することもなく公爵は言い放った。

エルフ「・・・」

エルフはもはや反射的に頷き返すのみで、それに対して何の弁明もできないようであった。いや、弁明する気力もない、といったところだろうか。

公爵「しかし、あまり残された日もないことだしな・・・これで良い」

エルフ「!」

エルフの顔に驚きと、安堵の表情が浮かび上がった。そしてそれは同時に張り詰めていた彼女の糸を断ち切ったようだった。
ヒュイという奇妙な息を吐いたかと思うと、彼女の体はそのまま床に崩れ落ちてしまった。

ジャムス「大丈夫か!?」

僕とジャムスがエルフに駆け寄る。彼女は息も絶え絶えに執務室の床にその身を横たえようとしている。慌ててジャムスがエルフを担ぎ込む。

公爵「それで、今回のキャンペーンページについてなんだが。デザインはこれで良い。だが・・・」

彼の視線は、ジャムスがエルフを助け起こそうとしている光景をさっと過ぎると、僕に据えられた。

公爵「キャンページページからそのまま応募できたほうが何かと便利だと思うのだ。ささっと応募フォームを追加してもらいたい」

ジャムス「!」

ジャムスの顔に困惑が広がった。プロジェクトリーダーであるエイダは、大魔法院の会議でこの場にはいない。そんな重要な事を代理である僕しかいないところで決めさせようとしているのだ。


僕「・・・期限はいつ頃になりましょうか」

僕は冷静さを崩さず、あくまでうやうやしく、公爵に尋ねた。

公爵「キャンペーンの開始は3日後としておる。それまでに。ということになるか」

ジャムス「3日ですと!」

思わず声を上げる。なるほど、エイダを出席させなかったのはこれが狙いか、僕は公爵の魂胆に気づいた。
つまりは、宮廷での地位も高く、弁もたつエイダのいないところで、無理難題を通そうと思っているのだ。

少し思案して、僕は顔を上げた。

僕「公爵様は魔族との戦争で数多の功績がある方だと聞いております」

公爵「ほう、異世界人であるお前もそれぐらいのことは知っているようだな」

僕「しかし、戦場には『拙速』という言葉もございましょう」

公爵「なんだと?」

この下賤な異世界人が何か意見を言おうとしている、そんな気配を感じ取った公爵の目つきが険しくなった。それは驚くほど冷徹で残酷さを秘めた視線だった。
僕は怯まず続けた。

僕「公爵様のご尽力で、キャンペンページの見事な出来映えとなりました。いわば陣容は整ったといったところです。」

公爵「ふむ」

実際にはエルフの功績だが、公爵はまんざらでもなさそうである。

僕「キャンペーンページを公開した後、おそらく国民の義勇兵への志願の意気は大いにあがりましょう。
しかし、その『熱』がいかほどの物か、我々はまだ見ておりませぬ。いわば相手の陣容は未だ明かでない。と言えましょう」

公爵「むむ」

僕「凡庸な将軍であれば、義勇兵の志願者数などタカが知れております。そういった方のCPであれば、我々としても応募フォームの一つ二つ簡単に作り上げてみせますが・・・」

ここで、一呼吸あける。

僕「・・・恐れながら、公爵様のキャンペーンページは、こちらの想定を上回ると思われます!」

公爵「ほほ、そうか!」

僕「ならば、民の愛国の熱はそのままに、万全を期し、いったん『応募は○日後』として、日を空けるのも一興かと」

公爵「そのほうの言い分ももっともだ。民草の愛国の情を少し焦らすのも面白いかも知れぬ」

ジャムスは気を失ったエルフを背負って、僕のほうを呆れたように見ている。よくもそこまでおべんちゃらを言えるものだ、といった顔であった。

公爵はしばし思案していたが、顔を上げて言った。

公爵「ではキャンペーンページ公開の1週間後といったところでどうだ。今から10日後ということになるか」

僕「十分でございます」

公爵「しかし」

公爵の目が再び、厳しく僕を捕らえた。

公爵「いかに代理とはいえ、その言葉、大魔法神官(エイダのこと)が言ったものと考えて良いだろうな?」

ジャムス「そ、それは・・・」

僕「私は一介の研究員に過ぎませぬ。しかし、それでも大魔法院の末席に列する身。
二言はありません。もし出来ぬとあれば・・・」

公爵「?」

僕「その時は、我が首を差し出しましょう」

公爵「ははは」

公爵は破顔して、その豪快な笑い声を執務室に響き渡らせた。しかし、その目は変わらず冷徹にこちらに向けられている。

公爵「その方の言葉、確かに受け取った。良いな!10日後だぞ」

作戦会議(ブリーフィング)

魔法院にある、エイダの会議室には重苦しい空気が漂っていた。

ジャムスは苦虫をかみつぶしたような顔で黙り込み、他の神官たちも、要求仕様書を前に呆然としているようだった。

エルフは会議室の端に椅子を並べられ、その上で器用にグウグウと眠っていた。

バタンッ

会議室のドアが開いた。エイダだった。

エイダ「ちょっと!聞いたわよ!どういうこと!?」

僕「すまない。押し切られてしまった。僕の責任だ。」

僕はエイダに頭を下げて言った。

エイダ「そういう事じゃないわ!どういうことなのあなたの首を賭けるって!」

驚いて顔を上げると、エイダの透き通るような白い肌は怒りで真っ赤になっている。

エイダ「そんな馬鹿げた条件で仕事を受けるなんて!」

僕「何を言っているんだ。僕一人の責任になるだけなんだぞ」

エイダ「ふざけないでっ!あなたを失ったら私はっ」

僕「?」

何故、彼女がそんなに怒っているのか、よくわからない。戸惑ってジャイムのほうを見ると、意味ありげな顔でエイダと僕を交互に見ながらニヤニヤとしている。

エイダ「ま、まあそんなことはいいわっ!それでも10日なんてよくも無茶な条件を受け入れたものね。要件定義すら出来てないっていうのに」

僕「それが限界だったんだ。それに不可能なら、僕もこんな話を受けたりはしないよ」

エイダ「方法があるの?」

僕「なくはない。ただ、幾つか情報が欲しいのと、君のコネを使って、色々とやってほしいことがある」

エイダ「何だってやるわよ!あなたって本当にどうしようもない奴ね!」

彼女は相変わらず怒っているようだが、その表情は幾分か和らいでいるように見える。

そんなに怒られなくて良かった。僕はとりあえず思った。

続き↓
megamouth.hateblo.jp