megamouthの葬列

長い旅路の終わり

漫談・フロントエンド談義

(出囃子)

あー本日はお日柄もよろしゅう…
え?そないな挨拶はええから、はよ、おもろい事言え?
今日はお客さんはプログラマばっかりやから、せっかちでんな。短気も美徳のうち言うわけやけども、わしも、ただの大阪のおっさんやさかいね、そない、おもろいことはすぐに言えまへんのや…

うーん。せや、最近、フロントエンド界隈がおもろいでんな。
ReactとかVueとかAngularとか?Riotとか言うのもあるらしいですやん。
ほんで、アーキテクチャとしてはFluxがどうとか言うとって、ここ数年のフロントエンドはめまぐるしゅう変わっとって、
横目で見とるわいらなんかも、えらい忙しゅうしてはんなあ、思うてね。
あの人どのぐらい儲けてはんのやろ?とかそないな下世話な興味も出てくるっちゅうもんですわ。

アタクシなんかは、システムっちゅうもんは何で書こうが、動きさえすればそれで、ゼニコロ貰ろうて、ホナサイナラ、言うもんで、好きにしたらええ思うとりますけど、
こうも大手を振ってQiitaやら、ブログで得意げに知識をひけらかされちゅうもんで、なんや、自分もやらなあかんのちゃうか、jQueryですまそう思うとったけど、そうもいかんのちゃうか、ちゅう気持ちにもなろうもんや。

ほんなら、いっちょやったろか、言うてね、boilerplateでもクローンしてきて、よっしゃとりあえずソース見てみようか、ちゅうてこう、ワイシャツを腕まくりして、ソース見ますやんか。ほらな、まず最初にimportやらなんやら書いてありますんや。なんやこれ?ちゅう話ですわ。

ちょっと調べてみたら、jsはバンドラーちゅうもんで、なんもかんも一緒くたにしなはれや、言うことで、gulpやら今はWebpackや、いやそれもWebpack2やみたいな話になっとる。
この前Grunt言うとったんちゃうんかい。
言う話やけど、boilerplateみたら、webpack.config.jsやら、yarn.lockやら、そないな、わけわからんもんが入っとるさかい、使わんことには、これ、どうにもなりまへんで、いうことになっとります。

そもそもES6ってなんやねん。言う話やでほんまに。
そないなもん、クライアントはんが求めてはる動作環境で動くんかいな。いや、IE8なんて実際のところ使こうてはるんかわかりまへんで?
せやけども、うちのアホの営業が昔の企画書コピペしてきて、動作環境に入れとるもんやから、動かんとわいらが怒られますよってな。
ほんで、これも苦労して調べたらpolyfill言うのいれたらいけるで言うわけで、ほなそないでっか、言うて、調べたら、今のbabel.rcやとアカンからここをこうして…言いましてな。

一体わしはいつになったらReactちゅうののコンポーネントが書けるんや!
FluxちゅうのでどれぐらいjQueryのアホンダラなコードが綺麗になるんやと。
あかんわ。お手上げや。
わいが悪かった。
わいみたいなjQueryとBackboneで止まっとる阿呆がWebコンポーネントとか、SPAとか言うて、こらすんまへんでしたな、と意固地になりまして、rm -rf boilerplace、グッバイサンキューちゅうところですわ。


Qiitaでイキっとる連中がどれぐらい意識しとるかわからんへんけども。そうやってアホを置き去りにしたかて、あんたらの為にはならんで、ちゅうことは言うときたい。

あんさんらは、わいらがおるWebっちゅう世界が、プログラミングの世界の先端にあるっちゅう、そないな勘違いをしとるんちゃうか、思う時が時々あるんや。
Webっちゅうのはパラダイムの良くて中心か、末端を走っとってな。Webの「新技術」なんてものは、別に発明されるんやのうて、「発見」されとるのに近いわけや。

つまりはWebの世界の「標準」いうんは、GoogleAppleやMSが作っとるんやないんよ。ましてやその技術系統の素性なんてどうでもええことでな、凡庸なプログラマ連中が、みーんな普通に使えるようになったら「標準」なんや。それだけの話やで実際。

そもそもjQuery見てみーや。あないな変態なもんがあるかいや。セレクタで対象選んで、メソッドチェーンでDOM操作やで。
prototype.jsのほうがオブジェクト指向的には、CodeComplete読んどるお客さんからしたら、よっぽどまともな代物に見えるんちゃいます?
それが今やprototype汚染言われるんやから、ほんま時代の移り変わりは激しいもんやで。

ちょっと話がずれてもたけども。
それでもみんなjQuery使こうたわけや。なんか慣れたら結構便利やしな。IE7とかクソアホンダラなブラウザの事も気にせんでええ。デザイナーの上げてきたHTMLをいじらんでも、まあせいぜいいじったところで、id属性適当につけたるぐらいや、それでセレクタで掴んで、操作して、完全にレンダリング後のHTML操作ができるんやさかい、こりゃええわ、ってなったわけですわ。

これが「標準」ですねん。
フロントエンドの人らに言いたいんは、あんたらがいくらDIやらSPAやら言うてもな、誰もWebコンポーネントなんてもんは作らん、言う話や。
あんたらが作るんか?そらご苦労なことやで。
デザイナーはんが修正したい時はどないするんや?
jsxやらvueファイルやらいじってもらうんか?それどないして確認してもらうんや?webpackいれてもらうんか?yarn installで入るって?
そもそもデザイナーはんのMacにnodeもhomebrewも入っとらんがな。どないすんねやほんまに。

そら、あんたらの気持ちもわからんでもおまへんで?新しい、便利なもんは使いたい。普通にJS使うたら、そもそもclassの定義すらできまへんからな。
それで、躍起になってGoogle Trendで調べたら、Reactが流行っとる。jQueryなんて今さら誰も使こうてへん。海外のサイトがどうや、色々言うてきますわ。

それでもな、自分らで好きなようにやるんやったらそれでかまやせんけど、
世の中には、難しいことはなーんもわからん、いたいけな若いデザイナーの女の子がおるわけや。
その女の子にあんたらそのBabel言うの、Webpack言うの、どないして使こうてもらおう、思うとるんよ。

わいが思うんは、「正しい技術」やら「使わなあかん技術」なんてもんはない、言うことですわ。
あるんは、職業プログラマーとしての「指針」言うんますかいな、まあ、早い話がとっとと仕事終わらせて、飲みに行くにはどないしたらええんか、ちゅうことです。

わしの経験から言わせてもらいますけど、凡庸な課題には最も凡庸で手っ取り早い実装が向いとる、ちゅうことですわ。凡庸でない課題はどないすんねん、言う話やけどそれは、まあ置いといてやで、不動産屋の物件管理がしたい、とかそないな凡庸な課題ちゅうもんはPHPでもrailsでもなんやったらWordpressでも何でもかまいやしまへんけど、別にSPAである必要はあれへんし、ページ送る度に、ブラウザがリロードしたかて、だーれもそないこと気にせえへんのよ。

逆にそんなシステムにおたくらご自慢のSPA導入して、デザイナーの連携もできんでな、ボタン追加するのに2人日かかりますねん。いやそもそもフロントエンドエンジニア一人しかおりまへんから、全然作業進まへん。あー納期来てもうた。なんちゅうことになったらどないしますねんや?

これなんかわし、実際に言われた事あるんやけどな、クライアントはんが「普通に作ってくれはったら、それでええんやけどな」言われたらどないしますねんや?

せやったら、馬鹿でかいエコシステムを抱えちゅうフロントエンドの出番なんてないやないか、わいらはどないしたらええんや、言うてな、フロントエンドエンジニアのお客さんなんかは頭抱えてはるんちゃいます?

まあそうなるのが嫌やから、一生懸命Qiitaやらなんやらに書き込んではるんやったら、わしらも同情しますけどな。ほな、もう正直に言うてもろうてもええで、実際誰もついて来まへんねん。いうお客さんおりますかいな?

誰も手あげませんな。よっぽど気位が高いんか、あんさんらがみんなjQueryしか使こうたことがないかどっちかやな。

まあよろしいけどな。ただ一つ、フロントエンドはんが、救われる道があるとしたら、これは一つでな、「困難な課題」に挑戦することやで。
GoogleAnalysticsの画面なんかはこれ、見事なangularアプリケーションやな、わしなんかはリアルタイムサマリー一日に100回はリロードして、散々いろんなところクリックしますけど、レスポンスも早いし、それでもエラーが起こることは全然ありまへんわな。
こういうアプリケーションを作るのは、フロントエンドはんだけが頑張っても詮無いことでしてな、デザイナーも、営業も一体になって、「困難な課題」に挑戦していかなあかん。そんで、それがフロントエンドの生きる道や、思います。

まあ実際問題、そないな課題を発注してくれるお客さんがいはるかは知りまへんけどな。もし発注してくれる、ちゅう話になったら、単価は上げてもらわんと、わいらみたいなjQueryのおっさんが困りますよってな、くれぐれも安い値段でとらんといてもらいまっか?

ちゅうことで、わしの言いたいことはこれぐらいや。ほな、また。

(パラパラとした拍手、罵声)

Reactビギナーズガイド ―コンポーネントベースのフロントエンド開発入門

Reactビギナーズガイド ―コンポーネントベースのフロントエンド開発入門

ダーク&ロング

1

ほとんど暗闇のフロアに小さなスモークマシンが出した煙。そこに申し訳程度のレーザーが光る。
壁面にはVJの映像がプロジェクターで投影されているのに、WinAmpのVisualizationそのままで、僕はVJのいるブースを見上げたが、彼はリズムに乗りながらDJの名前をクルクル回転させるのに忙しいようだった。
肝心のDJはそれに輪をかけてひどい。有名どころのテクノ・トランスミュージックばかりをかけていて、さすがにアンダーワールドをかけることはないだろうと思ったけど、それも10曲目ぐらいで裏切られた。しかもBornslippy。いい加減にしてくれ。

僕はブースを取り囲む輪を離れて、壁際のソファーに座った。
一応はこのイベントのオーガナイザーの一人なので、イベントを見届けて、いや本当は盛り上げる責任だってあるのだろうけど、今回については、この身内だけの馬鹿騒ぎに付き合うのも今日限りだ、という決心を強くしただけだった。

ふと携帯のメールを見ると、先にDJプレイを終えた友人のマルが近くのファミレスにいるという。
いいタイミングだった。
僕は、その小さなクラブの重い扉を開け、地上に出た。


幹線道路沿いを少し歩く。深夜の道路には法定速度を大幅に超過した車が行き交っていた。
ちょっとバランスを崩して、道路の真ん中に躍り出れば、僕の体は人体模型のようにバラバラになってしまうだろう。
そうなれば楽なのにな、という考えが頭をよぎる。それは半ば冗談で、半ば本気で、遠からずそうなるだろうという確信がある。

2

ファミレスにたどり着くと、マルが見知らぬ女性とピザを頬張っていた。
「おつかれ」
僕はマルの前に座る。マルは神戸ではそこそこ有名なDJで、高校の同級生だった。
このイベントにマルを呼びたいという知り合いの頼みで、マルと知己がある自分が、形ばかりのオーガナイザーという役を引き受けたわけだけど、今となっては後悔しかない。

「おつかれ。まあ盛り上がってるからええんとちゃう?」
それでもマルは上機嫌でビールを飲んだ。僕はほっとして、マルの隣の女性を見た。
髪の色は黒、太っちょで、大げさなマスカラをつけて、お世辞にも美人と言えなかった。

「こいつはサキ」
マルはそう言って女のほうを一瞥すると、面倒そうに紹介した。
「こいつはシマって言う。高校の時の友達。曲作ってる奴だよ」
「曲作れるんだ。すごいね」
とサキは言った。

「サキが踊るとブオンブオンって音がなるよな。まわりが避けてたよ。レコード回しながら笑いそうになったわ」
とマルが笑った。そういえば巨体がDJブースの前をクルクル回っているのを見たような気がした。

「うっさい。初めてなんだからしょうがないだろ」
サキが口を尖らせる。気安そうだ、意外と付き合いが長いのかもしれない。

「私、マルの彼女じゃないからね。クラブに連れてってくれるっていうから来た」
僕の考えを先回りしてサキは言った。ああそうですか。
「サキさんはマルと大学が一緒なの?」
僕は尋ねた。
「サキでいいよ」
といってドリンクバーのコーラを一気に吸い込んだ。
「違うよ。サークルが一緒なだけ。この前入ったんだ」
といって、サキはある女子短大の名前を上げた。マルや自分には偏差値的にもなかなか接点のない大学だった。
「頭悪いからなサキは」
「うっさい」

「サキはなんでサークルに?」
確かマルは大学の音楽サークルにも入っていたように思った。
「シマも曲作ってるんでしょ?作り方教えてよ。私歌いたいんだ」
ボーカリスト志望ね。その風体では無理があるようにも思ったが、まあどうでもいいか。
「何系の曲が好きなの?」
「えーと。カーペンターズとか!」
椅子からずり落ちそうになった。クラブに来ておいて、カーペンターズもないと思う。
「そういう曲は作れないなあ。コードも違うし」
「でもいいよトップ・オブ・ザ・ワールド。聴いたことある?」
「あるよ。いい曲だけど。好みは違うかもね」
皮肉まじりに答える。長々とカーペンターズトークをされてもかなわない。

3

「で、シマってさー彼女いんの?」
話初めてから30分ほどだが、サキはすっかり場に馴染んで、というより最初から何の遠慮もなかったように思うが、不躾に聞いてくる。
「モテモテだよ」
マルが2杯めのビールを飲みながら言った。
「だよねー。女の子に興味なさそうに見えるもん」
「それは逆じゃないのか?」
僕は言った。
「そういう男もモテるもん。で?いるの」
「いたけど別れたよ」
僕が答えると、サキが黙った。「あっそ」とでも言うかと思ったのだが。

「ごめん。辛かったね…」
しばらくの後言った。
「そうでもないよ」
僕が言うとサキは意外そうな顔をした。
辛いということはない。意外なことは何もなかったのだから。と僕は思う。

その後、サキと僕は携帯の番号を交換した。
知らない人間と話す時の独特の抵抗がサキにはなかった。そういう女もいるんだな、僕は登録されたサキの番号を見ながら思った。

4

「もっしー」
サキの電話は次の日からかかってきた。
「いきなりだな」
「昨日はありがとね。そんでさー」
とサキは今日友達との帰り道にあった出来事の話をしてくるのだった。
何故そんな話を自分にするのか、何の意見を求めているのか、さっぱりわからなかったが、何故か切る気にはなれなかった。

「で、どう思う?」
「ようわからんけど。サキが悪いんじゃね?」
と適当に答える。
「なんでよー」
サキはその度に怒る。その怒るのが楽しくて、いつの間にか長電話に付き合ってしまうのだった。

「眠くなってきたから寝るわ」
サキは言って、電話を切る。
深夜2時。一人暮らしのTVすら置いていないこの部屋に現実が流れ込む余地はない。

シンセのスイッチを入れる。LCDの明かりが暗闇の中に浮かび上がる。
キーボードを適当に叩いて、メロディーを探す。循環コードを試す。

ふと電球色に照らされた廊下が見えたように思う。
彼女が通り、二度と戻ってこないだろう廊下。

メロディーは感傷を生まず、コードは陳腐だった。
僕は彼女を愛していたし、おそらく今でも愛している筈だ。
だが、もはや、僕の電子楽器は彼女と、彼女の住む世界に通じる回路を失ってしまっている。

5

着信音で起こされる。午前11時。まだ寝ている時間だ。
「もっしー」
「今日は早いな」
やはりサキだった。
「うーんとね。ちょっと事情があってさ、家行っていい?」
「はあ?」
「お願い!マルは大学だし、他に行くとこないんだわ」

まあ夜までなら、と僕は渋々承諾した。道順がわからないというので、駅まで自転車で迎えに行った。

「シマの自転車。笑えるー」
サキはいつも通りだった。愛用のママチャリでも二人乗りすると、後輪がパンクしそうなので、二人で家までの道を歩く。


「生活感ないなー」
サキは家に上がり込むとさっそくくつろぎ始めた。家には音楽の機材といくつかの文庫本があるだけだ。
「暇ならTVつなげるけど。機材のどっかにある」
「いいよ別に」

間が持たないので紅茶を淹れた。正式な紅茶の淹れ方をすると時間がかかる。その間は黙っていられるし、何より脳が休まる気がする。

「お母さんと喧嘩しちゃってさー」
それでもかまわずサキはキッチンの向こうで話し始めた。
「ほら、うちお父さんいないじゃん。喧嘩始まると止まんなくってさ」
「あーあ。私も彼氏と別れるんじゃなかった。こういう時、家行けるのに」
「けっこうイケメンだったんだよ」
ずっと喋っている。

2組のティーカップを無言で、テーブルに載せる。
「なんで別れたんだ?」
僕は一応聞いた。
「浮気。何回もされたからさ」
それじゃしょうがないな。

「美味しいね。この紅茶」
「ありがとう」
「でもひどかったんだよ。付き合ってる間、よく笑われたもん」
「なんで?」
「彼氏、背も高くて、顔はイケてるからさ、私と比較されてさ」
「他の女がなんでこんなのとつきあってんの?って私の前で言うんだよーひどくない?」
「それはひどいね」
紅茶をすすりながら言った。目はさっそく錠剤を探し始めている。


「でさ、シマはなんで別れたの?」
僕は答えず、錠剤の入っているケースを開けた。無造作に5,6錠を飲み込んで、テーブルにあったジャックダニエルで流し込む。
「なにそれ?」
睡眠薬
「寝るの?今から?」
「いや、もうとっくに効かなくなってる。酒と一緒に飲んだら、一日が早くなる」
「なにそれ!」

サキは初めて怒った。
「そういうのダメだよ。なんでそんなことするの!」
僕はぼんやりとした頭で考える。
「早送りだよ。人生を早送りするんだ」

サキの行動は早かった。テーブルにあるジャックダニエルの瓶を取ると、ボトルを外して、シンクに全部流した。
無遠慮にキッチンの扉をあけまくり、酒の類を全て同様にした。料理酒にも容赦はしなかった。

「別れた理由はわかるだろ?」
キッチンで奮闘するサキに僕は言った。
「まあね」

作業を終えたサキが帰ってきた。全身からウィスキーの香りが漂っている。
「でもね。シマ。その理由はあんたが思っているのと違うよ」

顔がこわばる。皮膚が頭蓋骨に貼り付いているような感覚。僕は怒っているのかもしれない。
「あんたがダメになったからじゃないよ、きっと」
「…じゃあ何なんだ?」

「あんたが彼女を認めなかったからだよ」

なんとでも言えるさ。と僕は思ったが、薬のせいで頭がまわらない、反論が出来ない。
いつもの灰色の壁が四方からやってきて、僕を閉じ込める。体は極度に緊張している。牢獄のように精神だけが閉ざされて、サキの声が遠ざかる。

6

目が覚めると夕方だった。サキはいなかった。

しばらくすると、電話がなった。
「もっしー」
「今日は悪かったな」
「いいよ。もうああいうことをしないならね」
「…」
「明日、私暇なんだけど、どっか行く?」
「嫌だけど、行かなきゃいけないんだろうな」
「もちろん」

いいよ。もう諦めた。

「私もさ、一つシマに言っとかないといけないことあるんだよね。」
「何?」
少し緊張する。


「私の本名。サキじゃないんだ」
「へえ」
「本名は冬子なの。冬に生まれたから冬子」
「そうなんだ」
「でも私って春って感じじゃない?だからサキ」
「そっか」僕は何の感動もなく言った。「でもその理由は嘘だろ」

「よくわかったね」
サキが感心したように言った。
「冬子って名前はお父さんがつけたんだ。でも、もうお父さんいないからさ」
「そっか。いい子だなサキは。」
父親が娘に言うような口調で僕は言った。

「えへへ」
サキは少し照れる。

さて、明日はどこに行こうか。
僕は、街をサキと並んで歩く光景を想像した。
それはやはり、不釣り合いに見えるだろうか?


Dubnobasswithmyheadman (20th Anniversary Remaster)

Dubnobasswithmyheadman (20th Anniversary Remaster)

あるいは静かな春の日々、今月の懺悔

こんにちはmegamouthです。
今月は時が流れるのが早いような、まあ多分仕事の都合でそう感じているだけでしょうが、
4月最後の日、審判の時、今月の懺悔です。

Buzzらない日々

結果論ではあるのですけど、どうも今月は腰が引けたエントリが多くて、ひとっつもBuzzりませんでした。
id:buzama-www_pipipipipi(ピピピピピ)さんあたりに言わせると
「Buzzを狙わねえ?そんなブロガーはいねえんだよ。欲しいんだろ?アクセスを?スターを?ブクマをよぉ?」
といったところなのでしょうが(勝手な想像です)
今月みたいな穏当なエントリでBuzzったりしねえかな、そしたらだいぶ楽なのにな、という
スケベ心があったのは確かなわけで、実際Buzzらなかったわけですから私は考えを改め、ピピピピピの爽やかな日記帳を10回朗読、読経した上で一から出直したいと思う次第です。
(勝手に名前だしたりIDコールしたりしてごめんね>ピピピピピさん)

Books&Apps様に寄稿させていただきました

blog.tinect.jp

blog.tinect.jp

今月は2本寄稿させていただきました。
特に後者はBooks&Appsさんの読者層の問題意識に合致した為か、それなりにアクセスが集まったようでした。

書いた経緯を残しておくと、古本屋で

私の文章作法 (中公文庫)

私の文章作法 (中公文庫)

こちらの本を見つけ、読んでるうちに文体が仙人みたいになっていき、前者のエントリを書いたのですが、
わりとドキリとするテーマを扱ったはずなのに、驚くほどウケなくて、次はもうちょっと煽り気味にしたほうがいいみたいだな、と書いたのが後者の記事です。

後者に関しては、文体云々はさておき、普遍的というよりは、ありきたりな問題を扱ったエントリ、という印象が自分には強いです。
なので、ここまでBuzzるとは正直思っていませんでした。
いい加減何が求められているかを、理解しないといけないと思うんですけど、さっぱりわかりませんね。

文学とよばれる文章とブログ

常々言ってる(言ってたっけか?)ように、私がブログを書く理由はBuzzった時の報酬系と、
文章を書き続けることで、自分がどう変化していくのか、という単純な興味にあります。

お陰様でいくつか、Buzzることもでき、また読者様にも恵まれ、文章について真剣に考える機会を与えていただいた訳ですが、
やはり、この原初的な表現手法には恐ろしいほどの深みがあって、どうにも見通せないな、というのが今の印象です。
こと文学、という領域になると

創作の極意と掟

創作の極意と掟

この本に書かれている技法一つとっても、プロ、アマチュア含め、大勢のガチ芸術家が一生をかけて探求している、という世界であり、
私のようなクソブロガーが何を言ってもおこがましいという気がします。

文章修行が最終的には「文学」に収斂していくというのは、どちらかというと到達するものではなく、そこに「落ちる」ものではないか、今私はそういう印象を持っています。

なので、もう少しブロガーとしての位置に踏みとどまりながら、自分なりの表現を探していけたらなあとも思うのですけど、
結果的に、何やら気味の悪い中年の文章アーカイブが出来上がるのも恐ろしいものがあり、やはりここは読者様の厳しい目と、Buzzという大衆的な扇動を視野にいれてこそバランスが取れるものではないか、という気がしています。


そう思うんだったら、大してウケもしない小説っぽいエントリ辞めろって話なんですけどね。

音楽(Amazon Prime Music中心に)

文字数が余っているので、音楽の話でも。

最近CD買うのも探すのも面倒で、一番安いAmazonPrimeMusicでBGMを探すことが多いんですが、私のようなアラフォー、エレクトロニカ好きが見つけたアルバムを適当に紹介していきます。

Prays

Prays

なんか好みが合うなあと思ったら同世代の日本人アーティストだったりするのがアレですが、美しいメロディーを持ったエレクトロニカです。

Music For An Accelerated Culture [Explicit]

Music For An Accelerated Culture [Explicit]

アラフォーにもなってこういうのが好きだというのも困ったなあ、というところですが、実際のところこのエネルギーは素晴らしいです。Primeにはありませんが、"For the Masses"もお気に入りです。

Miracle Milk

Miracle Milk

アラフォーにもなって(以下略)。いや実際ボカロには一切興味を持ったこともないし、そこ出身の若手アーティストにも良い印象は少しも持っていないのですが、そういう愛憎を超えて、気がついたら聴いてしまう一品。Miliの歌声は素晴らしいとは思うのですが、同時に「媚び」も感じてくすぐったいんですよ。でも才能と努力がつぎ込まれた作品だとは感じます。アルバム通して聴くと疲れちゃうんですけどね。まあ歳ですわ。



今月はそんな感じです。