megamouthの葬列

長い旅路の終わり

本当に好きなことを見つける方法

ちょっとした論評めいた物を書こうと思って、プロットから書き出してるが、最近「書く」絶対量が減っていて、文章がすっかり下手になってしまっているので、練習がてら一発書きする。


最近、何もする気が起きないし、仕事も簡単なものがポツポツ来るぐらいなので、昼寝したり、日が暮れるとマイスリーを飲んですぐに寝てしまう生活をしている。

眠ると夢を見る。
私の夢の20%ぐらいは大学絡みのもので、他の大学に入り直すためにセンター試験を受けなおしたり、昔いた大学で単位が取れないことに絶望したりする夢だ。きっと中退していることが、それだけトラウマになってしまっているのだろう。

今日は、私が美大生になった夢だった。

夢の中で私は見知らぬ女性とテレビを見ている。女性はポツリと私に言う「芸大ぐらいは出ておきなさいよ」と親に言われたのだ、と。彼女の父親は昔、油絵をやっていて、彼女が小さい頃から絵を描くのを応援した。
「今思うと、父は自分の夢を私に託したのだと思う」と彼女は言った。そしてつけ加えた。
しかしもう、絵を描き続けるのは嫌なのだ。と。

私は息を呑んで、彼女に自分も同じようなものだ、と言いかける、そこで目が覚めた。


実際の私は芸術を好んではいたが、美大や芸大に入るほど、真剣に音楽や美術をやっていたわけではなかった。
学校の進学希望の書類にも、有名な大学の就職に有利そうな、潰しの効く学部を書いておいた。
そんな私の態度を見て、担任はすこし呆れたような顔で「もっと自分が行く大学や学部について調べたほうがいい」とアドバイスした。

私は担任の言葉を鼻で笑った。その頃、私は大学で勉強する、という行為をほとんど無意味なものだと考えていた。
法学をやったからといって、弁護士になるのは一部だし、経済をやって大手企業に入ったところで、やらされるのは営業という名のお客のご機嫌取りだ、と知っていたからだ。

ようするに、有名な大学を履歴書に書けさえすれば、いい会社に入れるのだろうし、親もそれを望んでいるし、だったら好きなことをやるために、聞いたこともない大学に行くなんて馬鹿げた話だ。というのが当時の私の考え方だった。

私の家族は皆、そこそこ有名な大学を出ている。母だけが無名の地方大学を出ていた。だが、それは貧乏のせいだ、と彼女は言い張った。
「私の家が裕福だったなら、私は東大や京大ぐらいには入れた筈だ」
というのが彼女の口癖だった。なので息子である私にも「順当に」有名大学に入るよう要求した。

私はというと、そこそこ真面目に勉強しさえすればテストで良い点を取れることは知っていたので、そのうち「順当に」有名大学に入って、「順当に」大手企業に入るのだろうな、と漠然と考えていた。

当時から好きなことはあった。音楽がすきだった。プログラムを書くのも好きだった。人と話すのが好きだった。文章を書くのが好きだった。

でも、本当に好きなことがあったとしても、才能もないのにそれを生涯の仕事として探求することなど愚か者のすることだ。「真っ当な」人間は本業の合間に趣味で、ほんのちょっとその「好きなこと」の片鱗を垣間見て、それで満足するものなのだ。
つまりは本当に、人生など、安易で、クソくだらないものなのだ。まったくお母様の言うとおり、と私は考えていた。



母と私の、この世の中を舐めきったプランは、私が20歳ぐらいの時までは「順当」に進んでいた。だが、以前から書いているとおり、私は途中で契約を破り、大学を辞めた。
そして今、大手企業の営業どころか、無名のフリーランスプログラマになって、聞いたこともないような大学の出身者や、高卒の人たちと一緒に仕事をしている。


大学を辞める前後、「後悔するぞ」と色々な人に言われた。私もそうだろうな、と思った。

だが、あれから20年近い日々が過ぎ、今だに後悔はしていない、後悔するとしたら母親の口車に載せられて、自分の好きなことをないがしろにして、履歴書にして2行たらずの体裁にこだわったことだけだ。

私は今、本当に好きなことをやっているし、やってきた気がしている。
プログラミングで生計をたてているし、色々な経歴の人と話してきたし、反吐を吐くほど音楽をやった。そして今、こうして文章を書いている。

もし、私が進路調査票を書こうとしている若い自分に会ったら、こう言うだろう。
「本当に好きなことをやれる人生を考えろ」と。

だが、それも無理なことだろうな、という思いもある。18かそこそこの若者に「本当に好きなこと」を問うても、そんなものは「ない」に決まっているからだ。


自分が、それを本当に好きなのかどうか、それは好きなことをやってやってやりきった、探求の末にわかるものだからだ。


納期に追い回されながら、一日13時間ぶっ続けでプログラムを書き続けて、それでも完成せずにクライアントから嫌味を言われた時。

あるいは、フレーズの良し悪しが全くわからなくなるまで、演奏を録音し続けたのに、完成した曲が自分の心を全く動かさなくて、絶望した時。

または渾身の小説を書き上げてブログに掲載したのに、ブクマの一つもつかない時(ここ読者に対するメッセージ)

それでも、もう一度立ち上がって、それをやり続ける気が自分にあるかどうかでしか、本当に好きかどうかはわからない。


本当に好きなことを見つけるのは難しい。しかしほんの少しでも「好き」と感じたのであれば、それを見分けるチャンスが与えられたのだと考えることはできる。
人からやれと言われたり、周囲になんとなく勧められたところには「本当に好きなこと」は、決してないからだ。

なので、そういった「好き」の芽を大切に育てること、それが「本当に好きなことを見つける」方法と言えるかもしれない。


ただ、そういった人生が「幸せ」かどうかは別問題だ。好きなことを探求し続けることが、いい人生だとか、そんな事は一言も言っていないことに注意してもらいたい。

ただ、望むと望まざるにかかわらず、こういった生き方をすることで、ある種、自由で壮絶な人生を送れることは保証する。


私が、夢の中の女性に伝えたかったことはそういうことだった。と早朝の私は思った。


シフトJISを使い続ける上場企業をまとめてみた

srad.jp

こういうニュースがあった。世界のWebサイトの90%がutf-8を使用している、という。

昔、シフトJISエンコードされたPHPファイルを編集させられた時、「表示」が表示できず(文字通りの意味である)バイナリリテラルを書いていたことを思い出す。
文字コード断絶の歴史を乗り越え、世界はようやくUnicodeの元に集結したのである。

日本の上場企業のcharset指定状況

さて、美しいニッポンである我が国はどうであろうか、

www.pathfindergate.com

私は上記のサイトより早速日本の上場企業のHPのリストをダウンロードさせていただくと、さらっとクローラーを書いてHTTPヘッダのcharsetとmetaタグのcharset、ついでにDOCTYPE宣言を集計することにした。

というのは実は嘘で、去年の12月頃にクローラーは出来上がっていたのだ。この記事が出る前にとっくに私は大体の結果を知っていたことになる。
そして集計結果を見た私は驚愕した!

というのも嘘で、「まあそんなもんだろうなあ」というのが実感であった。
大したおもしろい論説も思いつかず、無理やり推論をくっつけて時評っぽく書くことも可能だったが、なんかアホらしいので放置していたのが正直なところだ。

しかしながらこれは、中年Web屋の意見なので、現在SublimeTextでコーディングしている若人なら多少の感慨があるかもしれない。
何しろシフトJISが追認される形で標準化されたのが1997年だ。
自分が生まれるよりはるか以前から使われていた文字コ―ドを今だにWebで使用している上場企業が、果たしてどれほどあるだろうか?と言われれば少しは興味が沸かないだろうか?沸かないかー

結果発表

もったいぶらずに結果をお見せしよう。結果は以下のGoogleスプレッドシートにまとめた。

docs.google.com

データは2015年の上場企業の一覧とHP URLによっている。2年の歳月のうちに経営統合した企業や、UserAgent偽装したLWPでどうしてもクロールできない企業などは除いて、全部で3592社ある。

文字コードの使用率

f:id:megamouth:20171020010824p:plain

シフトJISの使用率は15%であった。うん。個人的には意外と減ったなあ、と思うが、皆さんはいかがだろうか?

DOCTYPE宣言


f:id:megamouth:20171020010827p:plain

HTML5の燦然たる証<!DOCTYPE html>を使用するサイトは52.4%であった。その他は暗いHTML4Trasitional//ENの帳にいる。別にそれが悪いことだ、とまで言う気はない。
ちなみに"//EN"って何のことなんでしょうね。(追記:DTDの記述言語のことだそうです。教えてくれた人ありがとう!)


どういうサイトがシフトJISを使っているか

スプレッドシート内の次のシートに各企業別の調査結果が書いてある。
シフトJISの企業を少し見繕ってみよう。

日清オイリオ東証一部)

www.nisshin-oillio.com

落ち着いているが、まだまだ今風のデザインである。でもシフトJIS。ソースを覗くと、body内に埋め込まれたcssが不穏な香りを醸し出すが、CMSを使っていたりして、ヘッダを何らかの理由で固定されているページではよくあることである。

NTTドコモ東証一部)

www.nttdocomo.co.jp

最先端IT企業であるNTTドコモシフトJISユーザーである。i-mode携帯は出荷が終わったが、i-mode自体はまだあるので(多分)その対策かもしれない。i-modeユーザーがこのトップページを見ることがあるのかは甚だ疑問だが。

マキタ(東証一部,名証一部)

www.makita.co.jp

現場で使えるBluetoothスピーカーなどで有名なマキタもシフトJIS質実剛健というか、なんとなくブランドイメージと合致していて好感が持てる。

日本ファルコム東証マザーズ

falcom_ファルコムホームページ

名作ゲームを数々生み出してきたファルコムシフトJIS。理由は見当もつかない。

楽天東証一部)

www.rakuten.co.jp

シフトJISではないが、さらに少数派となったeuc-jpである。社内公用語は英語だけど、英語はeuc-jpで記述できるからね。この際us-asciiにしてもいいかもしれないね。


飽きたので総論

詳しくはスプレッドシートのほうを思う存分見ていただければいいと思う。
たまに、変な文字コードなのに見に行くと、ちゃんとutf-8だったりするが、それはリダイレクトを検知できなかったことによるものだったりする。(HTTPヘッダではなくMETAタグやJSでやられたら対応不可能なのである)
そのへんはノークレームということで。

全般的に新しい企業やIT企業はutf-8html5の組み合わせが多かった。というより現代においてはそうしない理由は特にない。
それでもシフトJISやHTML4が幅を利かせているのは、変更して何かが起こったら怖いから、とか、検証に時間とお金をかけられない、ということなのだろう。

ここで、日本企業のIT投資の弱さや保守的な性格を論じてもいいのだが、シフトJISだから、日本はダメとか言うのも根拠としてはいかにも薄弱なので、まあ日本ってそんなもんっすよ。
という感想を述べて本稿を終えたいと思う。ではまた。


プログラマのための文字コード技術入門 (WEB+DB PRESS plus) (WEB+DB PRESS plusシリーズ)

プログラマのための文字コード技術入門 (WEB+DB PRESS plus) (WEB+DB PRESS plusシリーズ)

『修正になんでも応えてくれるデザイナー』を憐れむ歌

いつまでも定点が残っているのも何なので、お茶受け程度の記事を書く。

キャンペーンの打ち方の「悪乗りっぷり」では定評のある日清のtwitter上のネタの一つだと思うが、こういうのがあった。

これに対して、私は率直にこういう感想を述べた。

カップヌードルさんのツイート: "修正になんでも応えてくれるデザイナーさんが上司からの「チーズ感が足りない」というダメ出しに全力で応えてくれた結果…ミルクシーフードヌードルの

具体的な指示をくれるし、最初に言ったことは否定しないし、いいクライアントじゃないか/暇だったので補足 http://www.megamouth.info/entry/2017/10/18/035041

2017/10/17 21:05

で、けっこうスターをもらってしまったわけだが、ふと、自分の知ってるデザイナーがこの企画と私のコメントを見たらどう思うだろうか、と考えると「そういうことじゃないんだよ」と言うのではないかと思った。
同時にブコメでも「笑えない」とか、「ひどいクライアントだ」、と私とは真逆の意見があった。

このように、様々に見解が別れる事は、広告代理店(+クライアント)、デザイナー、エンジニアそれぞれの職業規範――倫理と言い換えてもいいのだが、プロとして仕事するということはどういうことか、という意識の差がそのまま現れていて、おもしろいと思ったので、少しまとめてみる。

このネタの笑いどころ

普遍的にはネタとしてあまり成功しているとは言えないので、広告代理店の某が考えたこの企画(ネタ)を、何故、日清の広告担当が「おもしろい」と思い、同時に、「大半の人にはおもしろいと思ってもらえるだろう」と考えたのか、ということに少し説明が必要だろう。

私は、特にお笑いに詳しいわけではないが、この手のネタは、基本的に登場人物に「バカ」がいて、そのバカが、色んなものをぶち壊してしまうところを笑いにするという構成をとっている。
その視点で見ると、バカなのは、無茶苦茶な注文を出す「上司」であり、あくまでそれを忠実にこなすデザイナーをスラップスティックに巻き込んで、最終的に出来上がった「広告」のシュールさがオチ、ということになる。

おそらく広告業界にいる人間には、人物の髪の色を撮影後に変更したり、様々な要素が後付で追加されて、どんどんシュールになっていく様が「実際には有り得ない」光景であり、そこにおもしろみを感じるだろうし、もし業界外の一般人が見ても、その過程と成果物のシュールさに、なんだかバカバカしさを感じてくれるだろう、という見込みがあったと思われる。

美の番人としてのデザイナー

ところが少なくない本職のデザイナーがこの企画に不快感を感じているように思う。

前項で、このような荒唐無稽なリクエストが発生するような状況は「実際には有り得ない」と広告業界の人間は考えていると述べたが、実際の案件で、クライアントは似たようなリクエストをやらかしてしまっている事が多い。

いくらなんでも「巨大な電子頭脳を置く」なんていうリクエストを出したことはないぞ、と反論があるかもしれないが、そういうことではないのだ。問題は「デザイナーの美意識」上、絶対に受け入れられないリクエストやクレームを出してやしないか、ということだ。

具体的にどういうことか、このブログの読者に多いITエンジニアであれば、「セキュリティ的に重大な問題を抱えることになってもいいから、機能を追加しろ。クラックされた時の責任はそっちで。」というリクエストに応じるべきか、という命題として捉えれば、冗談じゃねーよ、と同じような気持ちになるのではないかと思う。

デザイナーもプロなのだから、リクエストに応えるのが仕事、とデザインとは関係のない世界にいる私達は考えてしまいがちなのだが、デザイナーとはクライアントと目標を共通し、目的を達成するプロでありつつも、あくまで「美の番人」であり、その培った美意識でもって一般の人間を対象に何かを訴求しなければならない責務を負っている。

デザイナーというのは職人でありながらアーティスト性もまた持っていないければならない職業なのだ。


またデザイナーにとっては成果物=結果が全てである。見た目の醜悪さが問題なのではなく、最終的な結果が、一貫した自分の美意識の元に行われていなければ、そのデザイナーはプロではないし、ただでさえあやふやなアーティスト性すらも完全に失ってしまうだろう。

そうした視点で見れば、この企画の最後の画像が――オチとして使われる為にあえて――最初のカンプにあった種類の「美」を無残に破壊されたような形で提示されている事はデザイナーとして直感的にいたたまれない気持ちになるであろうし、さらに言えば、そのあたりの事情に思いを馳せようともしない無知なクライアントが、この企画を見て、依頼主と請負という絶対的な上限関係を盾に、「巨大な電子頭脳を置く」はギャグとしても「普通サイズの象」ぐらいは追加してもらえて当然ではないか、と考えやしないか、と暗然とした気持ちにもなろうものだと思う。

偏在する美意識

『修正になんでも応えてくれるデザイナー』は哀れな存在である、ということを書いてきたが、一応、この話にもオチがある。

まるで工場のように似たようなHPデザインを仕上げてくるデザイナーを私は知っている。彼はクライアントに「もっと可愛らしくしてください」と言われて、二つ返事で既存のデザインにとってつけたように淡いピンクを「これでよろしゅうでっしゃろ」とばかりに塗り込んでくる。

彼はとにかく早く仕事をこなせばいいと思っているので、先程述べた美意識云々という話を私が言い出せば、きっと鼻で笑うであろう。


逆の例で言えば、ITエンジニアの中に過剰な美意識を持っているものがいる。対象はアーキテクチャであったり、UXであったり、アルゴリズムの速度であったり、様々だが、優秀なプログラマほど何らかの美意識を持っている傾向がある。

たまにそれがいきすぎて、(本人によれば)エレガントなアーキテクチャだが、まったく実用速度が出ないシステムを作ったり、斬新すぎるインターフェースを採用したり、処理速度が速いのはいいのだが、他のプログラマが全く理解できないソースを書いたりする。

このように、美意識というのは偏在していて、ないのも考えものだし、ありすぎるのも困ったものなのだ。


それ故に、クリエイターという枠でくくられる人々は、毎日その狭間でもがいている。自己の追求という点において、これほど巨大で直接的なテーマはないと言えるほどに。


だからこそ、シチュエーション・コメディの題材としても、それを簡単に踏みにじるようなポーズを取ることは、企画としては微妙なものだと思わないでもないのである。


ノンデザイナーズ・デザインブック [第4版]

ノンデザイナーズ・デザインブック [第4版]