megamouthの葬列

長い旅路の終わり

RE: 最終出社日について

松田部長
お疲れ様です。システム戦略グループの山下です。

最終出社日についてのお返事ありがとうございました。
先日ご連絡した来年1月20日を最終出社とする退職は難しい、とのご回答でしたが、申し訳ありません、こちらとしましても、諸事情を考慮のうえ、最終出社日をご提示させていただいている次第となりますので、退職日を3月末まで延期するというご希望に沿うことはできません。
あしからずご了承下さい。

また、同時にご連絡させていただいた業務の引き継ぎについてですが、引き継ぎ人員が存在しないことにより、未だ一切の進捗がございません。

おそらくは、この点が、松田部長のおっしゃっている「就業規則上に明記されている業務上の支障が発生する事由」に該当すると思われます。
この点につきましては、システムインフラを解する人員が私以外に存在しない現状において、とり急ぎ解消の目処はたたないかと愚考いたします。
よって、勝手ながら、先般ご連絡させていただいた引き継ぎが必要な業務一覧のスプレッドシートを、全社に共有させていただきますと共に、各業務について引き継ぎ人員を、関係部署で独自に抽出、アサイン頂ますよう、事業部責任者ALLにアナウンスいたしました。
最終日となる1月20日 10:00より本社大会議室にて引き継ぎMTGを設定いたしましたので、遅くとも2日前までには各業務の引き継ぎ先を決定するよう、各事業部責任者へあらかじめお口添えいただけますようお願い申し上げます。

引き継ぎ先となる人員が存在しない現状におきましては、全社一丸となって、私の業務引き継ぎを行なっていただく必要があります。繰り返しになりますが、ご協力をお願い致します。


一点、懸念しておりますのは、先般のメールにありました退職日の延期について、その間に私の引き継ぎについての人員を確保する、または外注する計画があるのではないか、という点です。
その点を明言いただいてはいないので、杞憂だとは思いますが、念の為、仮に私の退職を3月末日と設定したとしても、その計画は実現性が絶無である点についてご指摘申し上げます。

理由としては、まず、年収・予算設定となります。
現在私の年収が28万円/月+賞与1.5ヶ月分で、378万円となっておりますが、残念ながら都内にて、この年収設定でオンプレミスとパブリック・クラウドを横断する専門知識を持ったエンジニアを採用できる可能性は全くありません。
年収378万円は手取りとしては約309万円となります。月にして23万円程度となりますので、首都圏の賃料などを鑑みると、専門技能をもった人員を確保する予算としては不十分という点がご理解いただけるかと思います。
幸い、私は都内に実家があり、小学生の頃より親しんだ自室に居住しておりますので、勤務が可能でしたが、限られた募集期間でそのような人材を採用できることを前提として計画するのは無理があると思われます。

他方では、業務委託またはSESなどを利用して、社外リソースの常駐人員をアサインすることも想定できます。しかしながら、社会保険の折半分を追加したうえで、私の人件費(おおよそ450万円/年)を予算として設定すると、おおよそ相場の半分以下の予算感となりますので、こちらも非現実的な計画と言えます。

フルタイムでなく、週3勤務、またはフルリモートであれば、予算的には成立する可能性もなくはないですが、時短勤務では、緊急対応ができない点で現状の運用体制が実現せず、リモート勤務については、VPNルーターなどの設備がそもそも存在しない(導入するにしてもその機器、ソフトウェアの保守ができない)設備上の問題に加え、いくつか社内でホスティングしているクライアントのサーバーへのアクセスポリシーに抵触する可能性が非常に高く、全てのサーバーについてクライアントとの合意が必要と考えると、実現性は著しく低いと考えざるをえません。

よって、私の退職日の延期は、業務の継続という次元においては、ほぼ意味をなさない提案であると考えておりますが、いかがでしょうか?


とはいえ、私の退職によって、業務の継続に多大な支障をきたすであろうことは事実であり、このような事態に至りましたことは、システム戦略グループの最後のメンバーとなった私の責任であると考えております。誠に申し訳ありません。

今年春にありました役員面談の際にも、松田部長にはシステム人員の早急な増員について提言をいたしました。
しかし、現在に至るも、私が同席する採用面接が一度も行われていないことを鑑みれば、おそらくは人事部による決死の採用活動も、功を奏さなかったものと推測されます。
おそらくは、この原因として予算感の絶対的な錯誤があり、まさしくこれは私が日々業務を遂行することで、システム・インフラ部門のコスト感と経営判断を大きく歪めていたのではないかと思い知らされるのです。誠に慚愧に耐えません。
(もっと早く声を上げておけば、と後悔することしきりです)

本日もサーバートラブルの収拾のため、出社しておりました。
今年最後のメールがこのような長文になりましたこと、改めてお詫び申し上げます。


P.S 年明け1/6,1/7に代休をいただきます。また同時に有給を消化いたしますので、2020年最初の出社は1/20となります。それではよいお年を。

<全図解・最新版> 退職・転職成功マニュアル

<全図解・最新版> 退職・転職成功マニュアル

  • 作者:島田 弘樹
  • 出版社/メーカー: ぱる出版
  • 発売日: 2019/03/20
  • メディア: 単行本

キレる中年プログラマ

id:cildさんが久しぶりにブログを更新して、それが実に良かった。
だって

鉄の棒でそこらじゅうを狂ったように叩きまくって、大声で罵倒した。そして最大ボリュウムで「二度とオレに指図するな!」と10回くらい怒鳴った。

だぜ?

人がキレているのを見るとふつう不快な気分になる。見苦しいなあと思ってしまう。しかし、本当はキレた本人が一番傷ついているのである。キレた後もしばらくドキドキして、自分は一時の感情のピークで何をしてしまったのだろうか、友情とか信頼とかそういう取り返しのつかないものを失ってしまったんじゃないだろうか、と不安になるのである。で、しばらくクヨクヨ考えているうちに、考えているのも面倒になってきて、キレちゃったものは仕方ない。もはやどうでもいい。と自暴自棄気味になって、まるで何もなかったように日常を過ごし始めるのだけど、その後も返す返す、ああキレちゃったなあ。と思い出して、もう自分は誰にも冷静な人間だとは思ってもらえないのだと、夜のふとした瞬間に、全身が真っ赤になるぐらい恥ずかしくなって、叫びながら走り出したくなるのである。

中年特有の、あまり正当性のない、赤ちゃん返りみたいなキレ方には身に覚えがあるから、こういう心理がよく理解できる。鉄の棒を持ち出したりはしていないが(どこから出てきたんだろう?鉄の棒)感情的なメールを書いて、やっぱりやめて、もう一度ゴミ箱から下書きに戻して、感情的な部分をイヤミ程度に見えるように書き直しているうちに2時間ぐらいたってました、とかそういうのはよくある。

なんでこんなに腹がたつことがあるのか、本当にわからない。このエントリを書くために幾つか仮説をたててみたが、どれも嘘くさくて論考を進める気にもならない。ものすごく経験を積んできたのに、若者と同じ扱いしかされないのが気にくわない説とか、仕事の完成度が上がれば上がるほど上流の変化に対応するための精神的な余裕は逓減して怒りに変わる説とか、なかなか勃起しないから、体がエネルギーを求めて怒り出す説とか、そういうのを思いつくし、4千字ぐらいは書けそうだけど、全部疑わしくて、アホみたいだから、面倒になって、それはね、十分な金をもらっていないからです、というほうがよっぽど説得力のある説に感じてしまう。少なくとも貰うもん貰っときゃ腹が立たないのは直感的にわかるから、年功序列って良かったよなあ、と失われた世界を思う。


だいたい、これぐらいの歳になれば、出世の道は閉ざされても、月一回ぐらいは若い社員と連れ立って、今日はみんなに寿司を奢ってやろうう、おいおい、もちろん回らないやつだよ、大将、この子たちにコハダを一つ。とか言えるのではなかったのか?どうして、ペアを組まされた新人のプログラマと、見慣れない街をさまよい歩いた先のフレッシュネスバーガーに入って、ハンバーガー1個で500円以上もすんのかよマジかよと思いながらも平静を装って、一番安いクラシックバーガーでフライドポテトセットにして、え、奢ってくれないのみたいな視線をわかってて無視するハメになるのかわからない。大学生みたいな自分の金銭感覚と可処分所得が信じられない。そんなに悪いことしてきたんだろうか。

だから、ルサンチマンとか、成功している人間に対する嫉妬がすごいわけで、今日は実は違うエントリ考えてたんだけども、武蔵小杉の排水が壊れたタワーマンションで、住人である一流企業のITエンジニアたちが対策を考えるという話で、普通に不謹慎で不快極まりないから、一行も書かずに捨てたんだけど、もうなんか、下水管はネットワークトポロジ的にはトークンパッシングに近似するから、上流にいけばいくほど細くなるように帯域制限すべきだ、とか汚水槽をオートスケールするために駐車場に垂れ流すとか、そういう何一つおもしろくなくて、単に金持ちをバカにするだけのエントリを嬉々として考えているわけだから、地獄はここにある。確実に。


こういうエントリ書くと「中年になったら仕組みを作る側にならないと厳しいよね」というなんちゃって六本木勝ち組サラリーマンのうんこみたいなコメントがつくに決まっているんだけど、実はそういうのを知りたくて上流工程の中程ぐらいをしばらく体験してみたんだけれど、とりあえず結論としては「どやんすー ©源さくら」と言い続ける仕事という印象しかない。

とりあえず顧客の前ではもっともらしいことを言っておいて、実際の問題解決のフェーズになったら「どやんすーどやんすー(どうしようどうしよう)」とほうぼうに電話とメールをかけまくって、Googleのキーワード広告踏みまくって、「どやんかしましょう」と言ってくれる人を探す仕事だった、ということで、最初にその光景を見た時はなんか唖然とした。ああ、こういう連中の「どやんすー」に律儀に答えてたんだな、自分。って思った。それでプロパーは年収1000万近くあるから。こっちは手取り23万なのに。びっくり資本主義。

アホらしくなったし、仕事しなくてもいっこうにバレる気配もないので、上流が捕まえてきたベンダーがどやんかしてくれるのをただ観察することにしたら、工程がどんどん後ろにズレはじめて、明らかにどうにもならなくなってて、それに気づいているの自分しかいなくて、それとなく報告しても無反応というか、「で、どやんす?」しか言わないから、毎日find -mtime -1やってお前ら全然ステージング更新してねえじゃねえか、サボってんじゃねえぞ、とか言っても良かったんだけど、自分が下流にいる時にそんな事されたら自害してるから、言わないことにして、優しく見守ることにしたら、ベンダーが明らかに嘘つきはじめて、んなわけねえじゃん、と思いながら真に受けたフリして「なかなか難しいみたいっすね」って上に放り投げて、どうすんのかな、って見てたら、また上流が「どやんすー」言い始めて。

上流工程は人日3万のSESの高卒でもシステム構築出来るようにアレンジするのが仕事なんです、とかそういうの全部ウソなんだよね。もしそれが出来ているとしたら、薄給でどやんかしてくれるベンダーを捕まえてるか、誰でも出来る仕事を高く売りつけてるか、のどっちか。で、君たちは後者のほうがビジネス・インテリジェンスに長けているとか言うわけでしょ?虚しくない?それ?


まあそんな感じでやいやい言うておりますけども、このエントリ書いたらわりとすっきりしたので、しばらくはキレないと思う。読んでくれてありがとう。みんなありがとう。


ずっと夜で

入った会社はWebサービスをやっていた。アクセスカウンターとかレンタル掲示板みたいな、そういうプリミティブな感じのウェッブ。今でも化石みたいに残っているとこがあるよね。teacupとか。もうないか。
当時はそういうことをしている会社をASP(Application Service Provider)と呼んでいて、「うちはASP事業やってるんです」と言うと通りが良かった。
名刺代わりっていうのかな、何が出来るのか、うちはこんなに技術力あります、ってのをさ、運営しているWebサービスで表現するわけ。同業者が集まったらさ、世間話している風で、自分とこのサービス自慢しまくるんだよね。なんかこう、いやあ負荷高くて、この前もサーバー落ちてぇとか、うちのユーザーは中学生が多いんでぇとか、今で言うマウントの取り合いだよね。どこも流行ってないからさ、意味のわからないとこで競ってるんだよ。

プログラマ的にはAjaxとか無かったから何やってもページ遷移しちゃうわけで、セッション使える、ってのがまずステータスだよね。ブラウザのページ遷移でアプリみたいな使い心地をどう実現するかっていうところでしのぎを削ってた。結局、決定ボタン押すたびに画面真っ白になってローディングするんだけどね。全然近づいてなくてヤバいんだけどさ。夏休みの工作で画用紙入れ替えてテレビ作ろうとするみたいな感じ、でも、なんかそういうのが偉かったんだよ。


儲からなかったよね。うちみたいな零細でも4000万PVはあって、アクティブユーザーも1万ぐらいかな。ブロガーだったら豪華客船に乗るぐらいの収入にはなるんじゃない?知らないけど。でも昔だからいい商材ってなかったし、サービスと広告って相性悪いからさ。
普通に考えてフッターのバナーとかクリックしないじゃん。ブログ書いてて、気になったからっていきなりフェロモン香水買わないじゃん。CTRとかクソのように低いし、成果報酬なんて嘘みたいにもらえなかったよね。収入が3万ちょっとの月とかあったよ。サーバー代で消えるわっていう。

そういや、サーバーもひどかったね。さくらの専用サーバー1台きりでさ。そこに3万ユーザーぐらい押し込むわけ。100M共有回線。8Mぐらい出たら調子いいなって感じだったかな。シングルコア、メモリ2GでApachePostgreSQL同居とかでさ。今だったら頭おかしいんか、って構成だよな。はてながラックに自作サーバー詰め込んでるの羨ましかったな。社員の車でデータセンターの引っ越ししてたよね。2シーターのインプレッサに物理サーバー積み込んで。それ京都の峠攻める車じゃん、他に車ねえのかよっていう。どうでもいいか。

ASPって楽しいんだよ。Webのダイナミクスっていうのかな、リリースするじゃん、すぐ誰か見るじゃん、そんでポコポコってアカウントが増えてくわけ。tail -f で流れるログがさ、みんなIPが違っててさ、色んな人が自分の書いたあのコード動かしてるんだ、っていうのがみんな見えるんだよ。うわあってなる。じんわりなる。今の人も味わうべき。でも2chに使えねーサービスとか書かれてムカついたりするんだけど。一切言及されないのもそれはそれで落ち込むんだけどさ。

あの当時、ASPって見栄だったよね。零細企業がWebサービスなんてまともに運用できるわけないんだよ。そもそも。今と違ってサーバーもバッタバタ落ちるわけよ。それを24時間365日監視するわけ。無理に決まってるじゃん。nagiosで異常レスポンス出たら、個人の携帯にメール飛ばすようにしてさ、*CRITICAL*とか見てゾッとしてさ。GWも夏休みも正月休みも、みんなつっても3人しかいないんだけど、調整して必ず一人は連絡取れるようにしてね。それでも実家にいる時に電話かかってくんだけどさ。なんとか帰ろうとしてね。なんであんな一生懸命だったんだろうね?

ロードアベレージが跳ね上がって、まさかの100超えとかね。スワップが遅すぎてプロセスが動かないわけ。FreeBSDってそれでもログインできるんだよ。入っても何もできんけど。
ガン上がりしたテンションで復旧作業したね。深夜にタクシー飛ばしてさ。手当とか一切出ないんだけど、ユーザーが困ってると思ったら胸がキュッとするし、義務感にかられてたね。作業中にオフィスの電話が鳴って、思わず出たらユーザーだったとかそういう時代だから。電話口で「困ってるんです」って延々言われて、うーん。気持ちはわかるんだけど、あなたの話を聞いてる限りずっと復旧しないんだよね、っていう。

カーネルチューニングとか、MySQLのパラメーター調整とかさ、StackOverflow無し縛りだからね?ねえんだよ情報。技術記事書いてるの、オフコン育ちの自宅サーバーおじさんとかだからさ、インストール記事で終わりなんだよ。そういうシステムを余裕のないサーバーで超ハードに使ってるの、零細でWebサービスやってる馬鹿しかいねえからさ。
ノウハウがないわけ。今まさにサーバーが止まってるのに、試行錯誤するしかないわけよ。色々やったな。誰かがCで書き直してApacheモジュールにしましょう!とか言い出した時はさすがに止めたけどさ。そういや、はてなMySQLのデータファイル全部RAMディスクに突っ込んで「すっげえ速くなった」とか言っててさ、そら速えだろうよっていう。しかも何かのイベントの時にそれを得意げに海外のコミッタに言ったらしくて、普通に"insane"って返されてたよね。あれめっちゃ笑ったわ。


一つだと全然儲からねえから、次々サービス作って、リリースしたよ。今思うと普通に受託やりまくったほうが明らかに効率いいんだけどさ、あれやってると心がすさむからさ、日銭稼いでいる間に、サービス作って一発当てるぞみたいなね。そういう希望にすがりつくアホみたいな戦略。みんなよく付き合ったよね。

なんかFlickrが日本で話題になった頃だったかな、なんかうちも写真関連で一つ、ってなってさ。Flash得意な子が、いい感じのスライドショー作れたからさ、これコアにしてやろうかってなって。なんか半年ぐらいやってたんじゃないかな。受託の合間に作ってるんだけど、全然完成しないの。ユーザーフォーラムまで自作してたから。アホかっていう。

そうこうしてるうちにライブドアFlickrのUI丸パクりしたサービスリリースして、丸パクリはさすがに炎上したんだけど、なんかそのサービスもイマイチ流行らなくてさ、あれ?って思ってたけど、いい加減リリースしないといけないから発表してさ。

バイラルとかないからさ、なんかよくわからないプレスリリース代行みたいなとこに頼むわけ、1万でいろんなとこにリリース打ってくれるみたいな。まあFAXしまくるだけだね。
なんの反響もなくてさ、2ch見ても一切載ってなくてさ、かかってくる電話、全部「FAX拝見しました。それはそうと、うちに広告出しません?」みたいな営業だけでさ。あれれ?ってなって、しばらくたっても、ほとんどユーザー増えなくてさ。

なんかその時に、終わったのかな、って思った。みんなそう思ってたんじゃないかな。もうこのメンバーでサービス作っても、リリースは遅いし、クオリティも低くて、戦えないんだな、って。

朝、会社出たらみんな気落ちしてるわけ。なんとか慰めようと思ってさ、Human LeagueのOctopusってアルバムがあるんだけどさ、って話してさ。ボーカルのフィルが言ってるわけよ。「確かにこのアルバムは売れてない。でもこれは、落ち目のバンドが何かを見出して作ったアルバムなんだ。僕はこのアルバムが大好きだよ」って、何の話なんだよ。でも実際、気に入ってたよ。管理画面の一生懸命な感じとかさ、アップロードが快適にできるようにした工夫とかさ。まあでもユーザーはつかなかったよね。最終的には100人ぐらいだったんじゃないかな。


そうやって、けっこうなサービスをリリースしてきたけど、なーんもないよ。エキサイティングな仕事も来なかったし、お金にもならなかった。最後には体壊して会社辞めちゃったし、いつのまにかサービスも全部無くなったらしいし。あのへんのサービス、今でも覚えてるユーザーが何人いるんだろうね。こっちは古すぎて職務経歴書にも書けねえよ。

たまに思い出すんだよね。夜中の3時に汚い雑居ビルの一部屋だけ蛍光灯がついててさ、タクシー降りて駆け足で階段昇っていってさ、先に着いた同僚がブラウン管ディスプレイ睨みつけててさ、TIMEWAITという文字が並んでてさ、すっげえ焦ってるんだけど、どっか冷静でさ、ガラス窓から自動車のヘッドライトが入ってきてさ、すぐに静かになってさ、音のしない街があって、動き続ける時計があって、点滅するIntel NICがあってさ。

だから、ああいう夜は良かったよね。目が冴えて、変な笑いがあって、全然疲れない体があって、今思うとさ、それはずっと夜だった気がするんだよ。


Octopus

Octopus