megamouthの葬列

長い旅路の終わり

自己愛サークルの薄気味悪さ

身内が亡くなったので、久しぶりに実家に帰った。
私と母はほぼ絶縁状態にあるが、火事と葬式だけは顔を出さなければならない。

葬儀はしめやかに執り行われ、私は実家に帰って、ネクタイを外して、母の淹れた茶を飲んだ。

茶飲み話で母は私の近況を尋ね、私はそれを適当に受け流していたが、身内を亡くしたという事実か、あるいは私の態度か、もしくは私の現況のどれかが彼女の精神のピークを上げてしまったのか、やがて言葉が止まらなくなった。

彼女の話は、貧しかった幼少期から始まり、高度成長期の狂奔じみた時代を駆け抜けた苦労に達し、結婚生活で不幸な境遇を耐え忍んだ話に至る。

そういう長い前置きが終わってようやく、話は私が大学を中退して、酒をかっくらってフラフラ生きているという否定しがたい事実に達するのだが、冷静にそれだけを咎められれば私にだって言い分はあるのだけど、決してそうでないし、相手の口調が怒気をはらんでいるので、形だけ慎ましくなって、ふんふん、と聞くよりない。

正直言って、相応に苛ついてくる。

この長々としたスピーチが言わんとすることは「だからお前と違って私は偉いんだ」ということであり、噴出する感情と息子に対しなくては、それを表現できないところに、我が母のことながら、やるせない気持ちになってしまうし、彼女の話をどう冷静に受け止めても、結局のところ、それは強烈な自己愛の表明でしかないからだ。

今はそれを「モラハラ」と呼んだりするらしいし、私の母を「毒親」という言葉で表現することも可能なのかもしれないが、なんとなく、私はそう断じてはいない。

ただ、彼女の報われない自己愛の行き場と、最終的には孤独に至った境遇を思って、哀れになり、ひたすらにくたびれてしまう。

*

最近、有料セミナーやら講座やらで、コネクションやプログラミングの知識が、ある種の商材と化してしまって、そのようなビジネスをしている人々をtwitterなどでよく見かけるようになった。

実際を知らないが、それは単に某南国のトマト農家が始めたビジネスの形態をブログ講座からプログラミング講座に変えただけのように見える。

ビジネスの元締めである主催者が、サロン会員や受講生が何百人に達したとか、今月のテックブログの収益はお幾らです、などと、金の話をやたらとアッパーな口調で書き込むのも共通しているし、その書き込みに大量のFavがつき、先達や受講生がそれを上から下から褒めあう光景があるのも同じだ。

私は爾来、金儲けに興味が薄いし、縁がないもの、と諦めきっているので、そうした儲け話の結果を見ても、「住民税と国民健康保険料がすごい額になりそうだなあ」としか思わないのだが、(不思議と彼らの金持ち友だちがそういう指摘をしているのを見たことがない。さすがにそういう話は控えているのかもしれない)何故そんな話をする必要があるのだろう、と怪訝に思う。

私が考える金持ちというのは、人工衛星が地球のまわりを回り続けるように金を増やしていく人々であって、いちいち、金をこれだけ使った、1日でこれだけ儲けた、とアピールしたりはしない。
事実、私は仕事の縁で、幾つかのビルのオーナーである生来の金持ちを知っているが、下手をすると家族が誘拐の対象になってしまうと、むしろ金の話をすることに臆病であった。

だから、彼らのそういうアピールの目的は、アムウェイのなんとかダイレクトディストリビューターが高級外車に乗る意味あいの他は、結局のところ自己愛の充足にあるのではないか、と勘ぐってしまう。

仮にそうであったとしても、私を貶めながら自己愛を充足している母に比べればまだマシだし、無縁な世界なのだから放っておけばいいのに、どうにもモヤモヤする気持ちが残る。

そこには、自己愛一つ、誰かを貶めることなしに、自分ひとりで何とか出来ないのか、という単純な苛立ちがある。

*

彼らの称賛のしあいっこには、当人がいくら否定しようが、「会社に束縛され、毎日働いて生計をたてている人」への隠し切れない軽蔑がある。

彼らは自分たちが自由であることを強調する。あるいは自由になれることを喧伝する。
「金は自由になるための道具である」とは青木雄二の言葉で、それは一面事実であるが、それは自由でない人を貶めることを何ら正当化しない。

あるいは、貶めているのではなくて、新しい生き方を提案しているだけだ、と言うかもしれない。
しかし「自由」というものを、何の代償もない、特権のように扱う事はニート歴10数年の私に言わせれば、はっきりと、間違いである。

「自由」とは「無縁」であるということでもある。少なくとも自分の嫌いな人間と付き合わなくて済むという意味合いを持っている。

だが、そんな都合の良い生き方は多くの危険をはらんでいる。

例えば、クリエイター向け有料サロンの題目に「お互いのスキルを尊重しあいましょう」と書かれているのを見たことがある。
もちろん、それ自体に異を唱えるものではない。
だが、クリエイターが本当に技量を単に「個性」として受容するのであれば、酷な意見を排除するのであれば、耳障りな評価を不当なものとして、クライアントをクソ呼ばわりするのであれば、それは創造を通して外部に価値を提供するクリエイターとしての存在の死をも意味しないだろうか?と考えるのである。

そうならないよう、自由な人は、常に自分を省みつつ、あくまで謙虚に、薄ら暗い裏路地を歩んだほうがいい、とさえ私は思っている。

彼らは金の有り無しで人を軽蔑したりはしないのかもしれない。また技量が拙くてもそれを咎めたりもしないのかもしれない。
しかし、「自由」であるかそうでないか、という意味では、はっきりと人々を区別している。
そして「自由側」にいる人々同士が、一斉に自由を賛美し、また一つ我々は自由になれた、そうでない人は早く目を覚まそう、と言い合っている光景は、私が愛する「自由と無縁」の概念を軽々しく冒涜しているようにも感じてしまう。

そして、甚だしくはその行為の動機と目的が、単なる自己愛の充足にあるように見える。

だから私の偏屈は、そのような光景を見て、つい、いい加減にしてもらえないだろうか?と思ってしまうのである。


自己愛人間 (ちくま学芸文庫)

自己愛人間 (ちくま学芸文庫)

白米にゴマ油を

たらすと、疑いなく不味くなるのだが、不思議と食欲をそそる風味にはなる。
そして、醤油をかければ、ひとまずは食えなくもない味になる。
最近、腹は空くが、食欲がないので、酒とこういう食事で生きながらえている。

とりとめのない書き出しなのは、とりとめがない事を書こうとしているからで、あなたもこういうタイトルのエントリを開いてしまったのだから、相応の覚悟はしているものとして書く。

*

ある精神疾患持ちの社員が、社長と面談して通院はどのくらいの間隔でしているのか、と問われたので、2週間に1回です。毎回薬代合わせて3,000円ほどはかかりますので、大変です。と他意なく答えたところ、その社長は「その半分は俺が払ってるんやけどな」と言い放った。

当人からどう思います?と問われて、私は言葉を失うよりなかった。
社会保険の労使折半を「社員の医療費を自分が半分払ってやっている」と考える経営者がいるということにひっくり返りそうになった。
後に労務士をしている人に尋ねると、そういう認識の経営者はそれほど珍しくはないそうだ。特に、個人事業主から法人成りした経営者に多いという。


あるしがないプラスチック製品の工場があって、そこに工業デザイナーを目指す若者が入社した。
彼は工場で作ることのできるプラスチックの玩具を提案し、そのブランディングに力を注いだ。
美しい写真を撮り、チラシを作った。ハイ・コンセプトなWebページも作った。

私は仕事の縁でその話に関わった。実際にその製品を手にとったこともあるが、彼の作った美麗なWebページやイメージボードと比べると、バリは残っているし、染料の色は下品だし、それほど良い質のものとは思えなかった。

しかし、その製品は企業規模にしては破格のヒットをした。
どこかの美術館のギャラリーショップに置かれたり、お洒落なカフェに飾られるようになった。
彼のブランディングは成功したのである。

その頃合いで、デザイナーの彼は解雇された。
風の噂ではあるが、給与を上げて欲しいと主張しての末の解雇であったらしい。
私は、憤ってその話をかねてより長い付き合いのある経営者に話した。そのプラスチック工場主の非道を糾弾する目的もあった。
彼は私の話を聞いて「気の毒な話ですね」と悲しげに頭を振った。そして、どこか諦めたような表情でこうも続けた。「でも、そんな話はゴロゴロありますよ。珍しい話じゃない」

*

ネットの評判というのは口さがない。現実社会で発言されたものであれば、当然に常識を疑われるようなことでも、ネットでなら発言できるし、LikeやFavといった控えめな賛同を得ることだってできる。

その一つに、「人の命には軽重がある」という考えがある。

何とか建託の営業が何人自殺しようが、どこかの求人ベンチャーの女性が自殺して、経営者が彼女の本名をしめやかにブログに書き記し、追悼と称して彼女のフォトギャラリーを作ろうが、ネットは別として、特に公権力は関心を示すことがない。

貧困家庭の女性が、奨学金の返済を苦にした女性が、やむにやまれず、または騙されて性産業に足を踏み入れようが、それもまた一つの社会問題として、難しい顔をした社会学者が本の2,3冊を書くのが関の山である。

しかし、ひとたび、東大を出て大手代理店に入った女性がパワハラを苦にして自殺したり、最高学府の女が成人向けビデオに出れば、すぐさま公正取引委員会が、警察権力が、鬼十則を守っただけの上司や、ビデオ屋の雇われ社長の逮捕のために動き出す。

これを命の軽重と言わずして、何と言うか。と一部のネット人は憤りをあらわにする。
私はこのような考えをわかりはするけれども、正確ではない。と思っている。

命の軽重があるのではなく、話題の軽重があるのである。
彼女たちは珍しい存在だから、その死や転落が報道され、観測されているのであるし、観測されてしまった以上、公権力は何らかの働きを世に示さなければならない。ただ、それだけのメカニズムである。
もちろん、それが道徳的であるか、正しい社会の姿であるかは別の話である。

*

曽野綾子の伴侶といったほうが通りが良い故・三浦朱門は「平凡な人間は実直な精神だけを持てば良い」という考えを持っていたようである。
そのような人々が不遇をかこち、また不幸な人々を再生産し続ける時代が表出するということを、どうやら考えなかったらしい。

彼の言う「実直な人々」は結婚もできず、低賃金で、この社会を回転させ続けている。
例えば私のような怠惰で、世をなめきった札付きの不良が、その身を滅ぼすならばわかる。

しかし、そうでない人が、金汚くなく、謙虚で、人並みに優しかった人々が、グローバリズムや、為替による過当競争や、シュリンクする市場などのどれかの原因で、搾取され、パワハラに適応して、心貧しくなり、些細なことに怒り、同じ立場の人間を死に追いやっている現実に、その外側で酒を嘗めている私さえ、辟易せざるを得ないのである。

これは私が望んだ世界ではない。しかし、同時に私がこの世界にしてやれることはもはや何一つない。という事に気づいて単に暗澹たる気持ちになる。

せめて文章でも、と思うが、出てくるのはこんなとりとめのない愚痴しかない。

かくして私は、食欲を無くし、また白米にゴマ油をたらすのである。


純正ごま油濃口(PET)600g

純正ごま油濃口(PET)600g

先月の懺悔 現実逃避と文章

月末に懺悔を書き損ないまくることで有名なmegamouthです。こんにちは。

さて、今月もロクにエントリを書きませんでした。久しぶりの大きな仕事に集中していたので、主にその現実逃避に一発書きしかしてないからでした。

www.megamouth.info

はてブ界隈でプログラマは私生活で勉強すべきかどうか、という話で盛り上がってるので、乗っかったという案件でした。
元のエントリをちゃんと読まないという、パンク精神で貫きましたが、別にそれでもエントリとしては成立してしまって、megamouthも悪くなったなあ、すっかり悪くなった。という印象。
書く動機になりゃなんでもいいんですよ、という気もしますけど、少なくとも元エントリの方に失礼ではありますよね。自分でもっと怒られろって思った。


www.megamouth.info

こちらも某はあちゅう界隈のポジショントークに乗っかったわけですが、あんな一般解も存在しない話を真面目に書く気は最初からなかったので、そうだ「プログラマと学歴」の話って案外誰も書いてないよな、と思って書いた話。

2つのエントリに通底するのは、諦観があるということですね。

よく案件の相談を持ってきてくれる取引先があって、長い付き合いなのもあって、私は「そんな案件炎上するに決まってるでしょ」とか「(企画について)それは開発会社の仕事じゃないですよね?」とか言いまくるんですけど、それでも電話してくれる事について「megamouthさんって何もかも諦めてるでしょ、だからその意見を聞きたいんですよ」と言われたことがあって、いや、それモチベーション下がるだけだから辞めたほうがいいと思うんだけど、と思いつつ、まあ諦観を指し示す人も世の中には必要なのかもなあ、と少し元気づけられます。意識高い系みたいな言い方すると、悟り系みたいな。

今月の寄稿はありませんでした。本当に、一発書きする時間しかなかったんで。一発書きで寄稿する勇気はさすがにない。
Buzzった結果だけ見ると寄稿しても良かったかな、とも思うんですが、Books&Apps御中とは読者層も違うんで、ちゃんと文章書かないと、とは思っているのです(言い訳)

悟れるAmazonPrimeMusic

Favourite Worst Nightmare

Favourite Worst Nightmare

私実はロック関係に疎くて、これもPrimeMusicで知ったのですけど、Arctic Monkeysさんです。
軽快で若いリズムでリラックスして聞けますね。

Laideronnette

Laideronnette

日本のエレクトロニカ・ポストロックユニットだそうです。
だいたいにおいて、私は、感傷的なコード進行にハスキーボイスの女ボーカルを重ねられると、「マイミュージックに追加」ボタンを押すように条件づけられているのですけど、その点では100%好みな感じ。
エレクトロニカの文脈を上品にオーケストレーションにまとめているのもトラックメイカーの力量を伺わせます。

軌跡

軌跡

実はヒッピホップにも疎くて。
illな日本のヒップホップは例外的に好きなんですよ。サイレント・ポエツとか、ヒバヒヒとか。
なんですけど、このへんの音楽も非常にハイコンテキストなので、何聞けばいいのかわからない。というのがありますね。
あと、アルバム聴くより、誰かのミックステープ聴きたいな、というのはあります。

Elel

Elel

この人に関してはちょっと情報が見つからなくて全然わからないのですが、
いい感じに和めます。典型的なアンビエントボーカルな気もするけど、意外と型にはまってもいない。塩梅がいいんです


10月は一段落つくので、長めの文章頑張ってみようかな(フラグ)
というわけで、また来月